« 国際グランプリ陸上大阪2008 | トップページ | 新生の息吹に充ちて »

母の日とカーネーション

毎年5月第2日曜日は母の日。母の日といえば、カーネーションを贈ると思いがちだが、よくよく調べてみると本当は母への感謝の意を示すため、自分の胸にカーネーション(存命ならば赤、亡くしていれば白)をつける、という習慣がもともとの始まりのようだ。しかももとは敬虔なキリスト教徒が始めたこと。

となると、また穿った目で見てしまうが、カーネーションの花束を母親に贈るという習慣は、花屋の陰謀ではないかと疑いたくもなってしまう。それに、この特定の日だけに大量のカーネーションを生産するとしたら、かなり無理をしているはずだし、環境にもよくないだろう。工業製品と違って生花は作り置きが効かないのだから。

というわけで、久々にくだらぬ習慣斬りっ!ということであえて「母の日にカーネーションを贈るのはやめよう」と提唱したい。いや、それで母親が本当に喜んでくれるのならそれでも構わない。ただ、カーネーションだけに集中するのは環境にもよくないので、花が好きな母親に(カーネーションにこだわらず)花を贈るのならば一向に構わないと思う。

ちなみに我が家ではカーネーションなんて要らない、というお互いの了解が取れているので、母でも飲みやすいカクテル各種をプレゼントして、夕飯の洗い物をやった。いや、本当はもっと喜んでもらえるプレゼントがあるのは重々承知しているのだが、今年も無理。すんません(爆)。

|

« 国際グランプリ陸上大阪2008 | トップページ | 新生の息吹に充ちて »

コメント

カクテルっすか。おしゃれなお母さんですな。

ところで、夕飯の洗い物より、
「洗わなくてもいい夕食」を買っていくというのもいいと思う。
ごみが出たらエコじゃぁないけど・・・

投稿: ひらの | 2008/05/11 23:15

もっと喜んでもらえるプレゼントとは「新しい娘(義理の)」ってことだよね?
来年、再来年を目指して頑張ってください!

投稿: Kan | 2008/05/12 22:53

来年は頑張れ!

投稿: まほろん | 2008/05/13 08:07

新しいエアコン買ってあげてよ~。
あのエアコン、絶対カビ胞子たっぷり風をまき散らしとる。電気代だって20年前の機種と比べりゃ少ないようにできてるんだから。今度のボーナスで買ってあげてくださいな。
今年の母の日は(も、かな?)何も贈らなかったなー(^^;)還暦のお誕生日までに何か考えなくては。そーいやおとつい結婚記念日だったんちゃう?なんかやってた?
うちの旦那は母の日に「うなぎの柳川風どんぶり」を作ってくれました。卵に火が通りすぎてスカスカだったけど(笑)、料理苦手にしては上出来です。

投稿: いもうと | 2008/05/16 11:39

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 母の日とカーネーション:

« 国際グランプリ陸上大阪2008 | トップページ | 新生の息吹に充ちて »