« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »

あすかの郷

080429_1先日山空海温泉から走って帰る途中に、天然温泉ののぼりを見つけて気になっていたのだが、調べてみると「あすかの郷」という老人福祉施設に併設された日帰り入浴可能な温泉があることがわかったので、今回はここを探査することにした。

ワンウェイ方式で自宅方面から走っていくと、途中に石碑があった。どうやらこのあたりは旧街道のクロスしているところだったようだ。近くにあった掲示板の説明文をここでも紹介しておこう。

--------
さまざまな人や物が行き交う 福井・中河原

 江戸時代、大阪と丹波国亀山(現亀岡市)を結ぶ鳥居嶺道はここを通っていました。
 道は福井の集落をぬけ、真龍寺の西から山道になり、国見峠を越えると妙見道と合流し、大岩国見の北で再び分かれ、清坂峠を経て丹波に入りました。
 亀山には西国二十一番霊場穴太寺があり、茨木の総持寺が二十二番、箕面の勝尾寺が二十三番の霊場ですから、この道は西国巡礼道でもありました。また、能勢妙見宮の参詣人も利用しましたので、さまざまな人々がここを通りました。
 明治25年(1892年)からの工事で、荷車の通れる道にするために、上福井から佐保川沿いを北上して余野(豊能町)に出る新道ができ、亀岡街道となりました。ほぼ同じころ、上福井から清坂への道のつけ替えもあり、これは清坂街道とよばれました。
 このように中河原橋近辺は西国街道と亀岡街道が交差して、四方へ向かう交通の要所だったのです。
            茨木市
--------

080429_2府道110号線はこれまでも妙見直行の際に何度も通っているが、今回はかなり南の方からずっとこの道沿いに走った。車道ではあるが、それ程交通量は多くなく、走る分には支障なさそうだ。途中自転車の集団に抜かれたので、練習コースになっているのかも知れない。

ようやく見覚えのある泉原バス停付近までたどり着いた。珍しく店が開いていた。店の主人に水道の水をもらってよいかを請うたところ、下の方にある蛇口がいいとのことだった。水道ではなく井戸水なのでおいしいのだそうだ。ただもらうだけでは申し訳ないので、ペットボトル飲料を買って飲み干した上でその空容器に水を充填。確かに冷たくてうまい。

あすかの郷実走2時間20分程かかって妙見山頂に到着。久々に本場を妙見山モードで駆け上がったぜい。山頂からは、大阪環状自然歩道に沿って妙見奥の院方面へ山を下っていく。

車道にでたところで自然歩道を離れ、野間の方へ下っていく。大けやきの横を通り過ぎて程なくのところに目標地点「あすかの郷」を発見。

080429_4入浴料は575円と非常にリーゾナブル。お湯は止々呂美温泉から運んできた源泉100%だそうだが、残念ながら加温・循環・消毒が行われている。それでも、温泉らしいぬめりはあり、塩素臭も気にならなかった。洗い場はシャワー・カランが3つだけの小さな浴場だが、一汗流すにはこれで十分だろう。

★★★★☆ こいつは穴場だ★4つ。

本来が老人福祉施設の一隅で、鍼灸治療院の一環として温泉もあるという立場上、施設の中にお年寄りが多い(というか自分がかなり浮いた存在)のは仕方ないが、特段利用には問題なさそうだ。施設内で軽食もでき、生ビールが400円で飲める。

問題は帰りの足だが、施設の方に話をすると、施設利用者を駅まで送り迎えするので、そのタイミングに合わせれば温泉利用者も無料で最寄り駅まで送ってくれるとのこと。これはありがたい。車で能勢電鉄妙見口まで約10分だった。施設にはマイクロバスもあるので、事前に言ってくれればそれなりの人数でも運んでくれるそうだ。これは練習会のゴール地点としてかなり使えそうな感じだ。

というわけでGW前半戦は4連湯で幕を閉じたのであった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

本日開湯!すみれの湯

豊川駅GW中に1日は年休を消化するよう職場からお達しが出ているのをいいことに、生意気にも飛び石を埋めるこの日にお休みをいただいた。

さて今日はどの温泉に走りに行こうかなと思っていると、朝刊折り込み広告に天然温泉施設が本日オープンとのチラシがあるではないか。これは俺様に対する挑戦状かっ?!というわけで、早速調査に赴くことにした。

場所は、大阪モノレール豊川駅のごく近く。とはいっても、この駅自体自分が関西を留守にしている間にいつの間にか出来てしまったのだよなあ。

彩都天然温泉 すみれの湯彩都天然温泉 すみれの湯」。オープンしたてということで、入会金200円のところを期間限定で無料にしてくれている。もちろん入会。ただ会員だからといって割引料金があるわけではないようだ。入浴料は700円、これとは別に岩盤浴「爽健美汗」が700円だそうだ。最近岩盤浴が流行のようだがあまり興味はないのでとりあえずお風呂だけを選択。

さて、源泉掛け流しと派手にうたうその中身は如何に。天然温泉となっている浴槽は露天の2つだった。黄土色の濁ったお湯で、以前東京の武蔵野系で入った湯と似た、ヨウ素のようなにおいがかすかにする。塩素臭はしないようだ。まあ確かに温泉らしい感じである。見た目にダマされてはいけないが、やっぱり人間って見た目は大事だものな。

他には、ジェットバス、サウナが2種類、水風呂と、スーパー銭湯的要素は十分満たしている。天然温泉ではないようだが炭酸浴槽はよかった。じっくり浸かっていると体中に細かい泡がくっついてまるでサイダーになった気分だ。風呂を上がった無料休憩所の座敷にマンガがたくさん置いてあったのは意外なサービスである。

というわけで、駅近くであることに加え、千里中央・北千里・茨木・阪急茨木市へも1時間おきに無料送迎バスが出ているので、大規模練習会のゴール地点として十分使えそうだという感触が得られた。一昨日の水春よりも移動が便利だものな。

★★★★☆ 新装ご祝儀★4つ。

希望軒さて茨木まで無料のバスで乗せてもらった後は、高槻に出てみた。昼飯はラーメンにした。池袋には及びもつかないが、高槻にも結構まだ行ったことのないラーメン店が数あるのだ。というわけで阪急南側の「希望軒」という店に入ってみた。平日月曜日の昼はだいぶ過ぎたというのに結構客が入っている。

とんこつラーメンを注文。中太のちぢれ麺にスープがよく絡んでいてうまい。トッピングの海苔が入れ放題というのもよい。ごちそうさま。…つーか、最近走って温泉入ってラーメン食うというパターン多くね?>σ(^^;

| | コメント (2) | トラックバック (0)

秘湯!山空海温泉

野間の大けやきGW温泉シリーズ2湯目。今日は噂に聞きし「山空海温泉」をめざすことにした。ただ、場所がよくわからないのと公共交通機関ではアプローチしにくいので、両親共々引き連れ車で向かった。

途中で野間の大けやきがあるので立ち寄る。ここは以前も来たことがあるが、ついでの機会なのでここの掲示文もアーカイブしておこう。

--------
国指定天然記念物 野間の大けやき
    昭和23年1月14日 文化財保護法により指定

 この大けやきを中心とする一画の地は、もと「蟻無宮」という神社の境内で、この樹はその神の憑り代、すなわち御神体ともいうべき神木であったと思われる。
 樹齢千年以上と推定されるこの樹は、目通りの幹回り約14メートル、高さ30メートル、枝張り南北38メートル、東西約42メートルあり、一樹にしてよく社叢をなし、けやきとして大阪府下で一番、全国的にも第四番目を誇る巨樹である。
 古来よりこの大けやきにまつわる伝承を探れば、里人らは春さきに出る新芽の出具合によって、この年の豊凶を占ってきたと伝えている。
 また、社庭の砂を請い受けて持ち帰り、はたけもの(野菜)や屋内に散布すれば、蟻が退散するといい、その効験は遠くまで知れわたっていた。おそらく社名蟻無によるものであろう。
 さらに一説では、有無社は紀貫之を祭神としており、貫之が同じく三十六歌仙の一人である源公忠に贈った歌により社名を付したという。すなわち
  『手にむすぶ水にやとれる月影の あるかなきかの世にこそありけれ』
又経房遺書(安徳天皇ご潜幸の伝承)の一節に「…河合にいとおほきなる沢ありて水よどめり、さハの中じまに市女が笠てふものに似たるいとうるわしき木の紅葉せしあり…」(原文)、奥書きは、「建保五丑年」とあり、なにか大けやきを連想させるものがある。
 当社の創祀は、承久二庚辰三月十五日とあり、遠く鎌倉時代にさか上るが、明治45年当社祭神は野間神社に合祀された。以後、神木の保全・境内の清浄化に蟻無会(前身は蟻無講中)をはじめ、郷民こぞって奉仕してきたところである。
 とくに最近樹勢回復のため治療を施し、ようやく往時の姿によみがえろうとしている。
    文化庁 大阪府教育委員会 能勢町教育委員会
--------

山空海温泉さて、大けやきから程なくのところに、山空海温泉はあった。しかし、場所がわかりにくい。駐車場は狭い農道のようなところを入った先にあったが、既に結構止まっている。駐車場から温泉場への道もわかりにくい。

なんとかたどり着いてみると、なんじゃこりゃあ。まるで探偵ナイトスクープの「パラダイス」コーナーで紹介されるような奇妙な温泉施設だった。まず道から見えるプレハブ小屋のような建物の屋根にデカデカと赤ペンキで書かれた温泉マークに始まり、犬3匹が吠えまくっており、川にはアヒルがいる。

入浴料700円を払ってチケットを置く。温泉場の脱衣場が狭っ。コインロッカー100円は返ってこない。温泉場も狭っ。熱めの湯船、ぬるめの湯船、そして1人が入るのがやっとの水風呂(これが源泉そのものらしい)の3種類あった。そして、驚くべきことにこれ程の施設でありながら、泉質は草津や別府にも劣らない立派な硫黄臭がする炭酸ナトリウム泉なのだ。

常連らしきオッチャンも入っていたが、大阪府内でこんな温泉があるのは奇跡だというような話をしていた。確かにそれは言える。

★★★★★ かなりクセは強いが私はこんなん大好き★5つ。

帰りは両親だけで車で帰ってもらい、自分は走って帰ることにした。ちょっと走れば、自宅~妙見山往復コースと合流するので、簡単に走れた。これは、公共交通機関ルートを確立できれば、ワンウェイの練習会も出来そうだと思ったのであった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

箕面湯元 水春

椿の本陣GW突入初日のこの日は、まだまだ入ったことのない近場の温泉探索を行うこととした。ターゲットは箕面。西国街道を西へひた走る。

西国街道は今まで何度も通ったことがあるが、その道すがらにある「椿の本陣」をまだ取り上げたことがなかったのでこの際アーカイブしておこう。以下掲示板の案内文より引用。

--------
郡山宿本陣(椿の本陣)
 京都と西宮を結ぶ西国街道沿いには、かつて山崎・芥川・郡山・瀬川・昆陽の五つの宿駅があり、郡山宿本陣は、その中央にあって重要な役割を果たしていました。
 この本陣は、享保3年(1718年)に、西国諸大名などの寄付によって再建されたものですが、このような形で現存するのはここだけです。
 建物としては、母屋二棟・土蔵三棟・納屋一棟・茶席一棟で、居間数は、茶席を含めて25あります。また、焼ける前の元禄9年(1696年)の宿帳(宿泊者名簿)をはじめ、和時計・関札・駅鈴・古文書・火縄銃・銃丸製造具などが数多く残っています。
 残された宿帳から、摂津・備前・備中・美作・四国の讃岐などの大名や、忠臣蔵で有名な赤穂城主 浅野内匠上長矩が宿泊し、また慶応元年(1865年)7月15日に、明治天皇がお立ち寄りになっています。
 この本陣の正門の脇に椿の大樹があり、見事な五色の花を咲かせたことから、いつしか「椿の本陣」と呼ばれるようになりました。
 昭和23年12月18日に、国の史跡に指定されています。
     茨木市教育委員会
--------

箕面湯元 水春実走1時間かからずに「箕面湯元 水春」にたどり着いた。ここは風呂だけではなく、アミューズメント施設が他にも入った複合施設(というか風呂が後から出来たようだ)になっていて、エスカレータを上がった2階が風呂になっていた。

比較的新しめの施設なので内装等はきれいだったが、肝心のお湯はちょっとヌルヌル感がある程度で、若干の塩素臭がするなど、まあ本場の温泉にくらべるとちょっとね、と言う感じだった。同じ建物の1階に100円ショップがあるので、そこで缶ビールを買えば非常に安上がり。そういう活用はできそうだ。

★★★☆☆ お湯はいまいち★3つ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

イインダヨ グリーンダヨ

080423_1東京を離れてから一ヵ月も経たぬ間に、また出張で東京を訪れることになるとは因果なものだ。

080423_2ポイントがたまったのでN700のグリーンに乗車。うーん、椅子が広くて快適だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

うどんぎょうざ見参

080420今日の晩ご飯はうどんぎょうざだった。久しぶりに食べた気がする。レース前のカーボローディングにも最適なんだな。これが。

TV番組で紹介された影響か、ニラが売り切れのスーパーがあったとのこと。まったく、どいつもこいつもミーハーな対応にあきれるわ。

(くりりんの問わず語り「俄にうどんぎょうざ」にトラックバック)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ミカカ逝ってよし

我が家に電話が掛かってきた。親父殿が出た。相手はNTT西日本である。要は、インターネット回線をフレッツ光にしませんか、という勧誘である。

しかし、だ。我が家では既に2003年から、NTTメディアサプライというNTTグループの提供するマンション用光ファイバーサービスを導入済みである。しかも従前に使っていたISDNによる電話2回線も維持するため、ISDNのTA機能付きブロードバンドルータを使って、光も来ているけど電話はISDNという、かなり特殊な設定となっている。

ただし、光ファイバーとはいっても、100メガで来ているのはマンションの共用部分までで、そこからはVDSLで分配して利用各戸で共用ということになるので、実際は10メガぐらいがいいところだ。それでも全然不便には感じなかったので、これまで維持してきた。また、共用するおかげで接続料・プロバイダ料は月額3000円で済んでいる。

それが、である。今頃になって親会社のNTTがやってきて、フレッツ光はどうですか、というのだ。同じグループの中で客を奪い合うという愚かなことをやっているのである。まったくNTTは何を考えているのか。これじゃあ関電のeoに食われても仕方ない。

NTTといえば、東京に住む時も、電気・ガス・水道はネットで申し込んで、来たその日に使えたのに、電話とネット(フレッツADSL)だけはやたら日数がかかった。しかも紙にコピーした身分証明書をFAXで送れとのたまう。

電話解約の際だって、自分は期間限定がわかっていたので電話加入権(施設設置負担金)不要の料金制を選択していたからよいものの、同じ職場でNTT東日本から西日本エリアへ転勤となった人は、加入権移転の東西間の連携の悪さにブチ切れていたようだ。

いずれにしても、NTTは民間企業になったはずなのに、未だに電電公社時代のお役所以上のお役所仕事をやっているのではといいたくなるような話が多すぎる。電話加入権問題も決着していないし(というかNTTは踏み倒すつもりのようだが)、まったくもって、ミカカ逝ってよし、である。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

俄にうどんぎょうざ

某SNSの地域コミュニティで「うどんぎょうざ」のトピックがやたら賑わっていた。TV番組で取り上げられて「何それ」状態だったようだ。地元民はみんな知っているものかと思ったが、案外そうでもないのか。我が家では定番レシピなんだが。

最近食ってないのでまた作りたいものだ。

| | コメント (4) | トラックバック (1)

伊丹空港マラニック

JR中山寺駅発で大阪伊丹空港まわりをめぐるマラニックに参加した。昆陽池でヌートリアを見たあと、離陸地点、最近出来た伊丹スカイパークで空港を一望して、着陸地点の方まで回ってきた。それにしても、一地方空港に成り下がってしまった今では、便数も少ないし、機体もショボイのばっかり。


横風が吹いていたので、着陸機はクラブでのアプローチ。でも接地時にはちゃんと機首が滑走路に正対するのはお見事。さすがプロ。

(Hello's World 掲示板「伊丹空港マラニック無事終了」、Land of Hope and Dreams 「伊丹空港マラニック」にトラックバック)

| | コメント (0) | トラックバック (1)

吉野の桜

080412_吉野桜お花見LSDにドタ参。すばらしい景色。天気も咲き具合もタイミングぴったし。

大渋滞の車列、バスやロープウェイ待ちの大行列を尻目に、裏道をすり抜けながら、下千本、中千本、上千本と見て回った。やっぱり自分の足が一番速くて小回りの利く移動手段だ。というか、もまいら、こんなところに車で来るなよ、少しは自分の足で歩けよ、と思った。

復路の芋ヶ峠上りでは、5分遅れでスタートして前を行く4人を追いかける真剣モードで走った。これだけガシガシ走ったのは久しぶりだ。峠を登りきったまではよかったが、その後飛鳥・橿原まで戻るあたりでガス欠を起こしてフラフラになってしまった。


吉野と飛鳥の上空で飛行船を発見。どうやらこの船も我々と同じようなコースを上空から遊覧していたらしい。
(後日追記)ツェッペリンNTという飛行船だったが、運営会社が倒産してその後解体されたとのこと。

ランの後は橿原神宮前で打ち上げ。大先輩を前にいろいろ勉強。人生まだまだ勉強勉強。

(まこてぃん日記「吉野お花見LSD」、ランナーけんあんのブログ「お花見LSD'08」にトラックバック)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

こうなったのは誰の聖火

世界各地で、北京オリンピックの聖火リレーに対する妨害活動が報じられている。中国政府によるチベットでの人権問題に対する抗議行動であることはいうまでもない。誰かが影で煽動しているのか、自然にわき上がったのかは定かではないが、宣伝効果としては絶妙の舞台とタイミングであるといえるだろう。恥ずかしながら自分自身もチベット弾圧の話ぐらいは聞いていたが、ここまで酷い状況だとは正直認識していなかった。

中国政府側は事実歪曲ないし内政干渉だという不満ありありの態度を示しているが、様々な情報を聞き比べてみる限り、中国政府側に非があるのは間違いなさそうだ。さすがにインターネット全盛のこの時代においては、いくら隠しても隠しきれないだろう。

この構図を見て共通点を思わずにいられないのは、戦前戦中の日本が行った中国大陸等への「侵略」である。こう書くとすぐさま「そら自虐史観か」と憤る向きもあろうが、しばし聞いてもらいたい。確かに当時の日本は最初から中国大陸を蹂躙するつもりはなかったかもしれない。実際既に列強諸国に占領されていた地域を解放し、一時的にせよ歓迎され軍政もうまく行っていたことを否定はしない。

しかし、である。その後様々な誤算や戦略性の欠如もあったろうが、結果として相当数のアジア地域の住民を傷つけてしまったことも(程度の差はあれ)事実として認識する必要がある。「南京大虐殺はでっち上げだ」と主張するのは「チベット弾圧など存在しない」という中国政府の態度と非常に似通ってしまうということに気づくべきだろう。問題は犠牲者の多寡ではなく(おそらくはチベットの方が酷いのかもしれないが)、現に無辜の人々が傷つけられているという事実を隠蔽してはならないということである。

するとここで槍玉に挙げるべきはチベットだけではないということになる。イスラエルがパレスチナで行っていることも「立派な」人権弾圧である。ナチスドイツからホロコーストを受けたことは免罪符にはならない。北朝鮮の金正日政権やミャンマー軍事政権も人権弾圧の超ロングセラー国家といえる。なぜセルビアだけが空爆されたのかということの意味を考えてもらいたい。要は大国やマスコミ等の都合、思惑で叩かれるものとそうでないものに分かれているだけなのである。いわゆる「二重基準(double standard)」がまかり通っているわけである。

かなり話がそれてしまったので元に戻るが、中国政府がチベットで行っていることは人として許せないことだという認識に改めない限り、聖火への妨害は続くことだろう。オリンピックをボイコットすべしとの論もあるが、むしろ積極的に出場すべきだろう。出て、出て、出まくって、オリンピックの精神は尊重する、しかし、人権も尊重する(チベットに注目する)という行動によって、国威発揚を狙ったはずの北京五輪が、注目されればされるほどチベット問題もクローズアップされるというジレンマに追い込んでやればよいのだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

安威川も桜満開

080406安威川沿いを走ったら、ここも沿道あちこちが桜満開。

花見をしている人達も結構いたが、その中でランニングチームらしきものが。のぼりを見たら、ACR・安威川ChatRunと記されていた。結成は最近のようだ。こんなランニングチームができていたのか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

どぶろくで花見酒

080405_1摂津峡公園まで走っていった。すると、さくら祭りが開かれていて、大変な人出だった。祭りだ祭りだマツリダゴッホ。

会場でどぶろくを売っていた。地元で作った「原いっぱい」という名のどぶろく、おお、まさしくこれは特例措置707「農家民宿等における濁酒の製造免許の要件緩和」を利用した特区計画「高槻・とかいなか創生特区」の成果物ではないか!。特区計画が認定されたのは聞いていたが、実際に出来たのを見るのは初めてだった。というわけで早速いただく。結構酸味が強く、モロモロの米粒をすするようにして飲んだ。

080405_2さて関西方面での銭湯も攻略開始ということで、地元の「湯めみの里」を訪れた。ここは天然温泉ではないが、海洋深層水から抽出したにがりを使ったお湯がウリだそうで、ぬるめのにがり湯に長時間浸かった。

★★☆☆☆ 天然温泉ではないが浸かって飲めるにがりに★2つ。

(後日追記)既に閉店となっているとのこと。

080405_3ラーメンの天下一品も無性に食べたくなったので行ってみた。こってりを食するのは何年振りだろう。麺が従来のストレートに加えてちぢれ麺も選べるようなのでそちらにしてみたが、かえって普通のラーメンに近い感じになってしまった。やっぱり次は堅めのストレートにしようっと。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

夜桜マラニック

080403実に2年ぶりに御所を走ろうと、わか練に顔を出したら、夜桜見物に走りに行くとのことだったので付いていった。

高瀬川沿いをさかのぼると桜が満開。見事な咲きっぷりだった。紫明通りの水路沿いにも桜がいっぱい。最後は鴨川沿いをダッシュで戻った。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

パラリンピック伴走オファー

昨年11月の福知山マラソンでNさんの伴走を務め、2時間50分を切って見事北京パラリンピック出場を決めたことは既に聞いた話だが、今度は自分の方にもパラリンピックで伴走しないかというオファーがあった。

仕事の状況がどうなるか全く読めないので、おいそれとは答えられないが、可能なかぎり走ってみたいものだ。

…っていう今年のエイプリルフールネタもいまいち不発のようだcoldsweats01

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »