« パスネット終焉・急行銀河 | トップページ | 佐倉路番外編 »

ニッポンランナーズ練習会

080315_1前々からお誘いを受けていたニッポンランナーズの練習会に、土壇場になってようやく参加する機会を得た。会場は佐倉。日暮里から京成線に乗るがかなり遠いわ。

駆けっ子の像がある京成佐倉駅からさらに徒歩20分。同じ道をぞろぞろ歩く部活の生徒の列もあり。バスも一応あるが、1時間に1本なのであてにならないそうだ。たまたまコーチの方の車に拾ってもらう。競技場は既に春休みということもあり、陸上の生徒等で大変にぎわっていた。

080315_2500円で体験入会。準備体操のあと、基礎づくりの筋トレをやるが、これがかなりきつい。さらに動きづくりで地面に敷いたハシゴの上でさまざまなステップ。この辺は一人練習ではやらないことなので参考になった。

次にジョギングで競技場周辺を走る。いわゆる尚子ロードというのがこのあたりにあるわけだ。丘陵地なので意外とアップダウンがあるのがいい練習コースになるわけだ。それにしても今やシドニー五輪もだいぶ昔の話になってしまった。

西田選手いよいよメインの練習をトラックで行う。目的・実力に合わせ何通りかのメニューがあったが、自分は1000m4本を選択。ここでサプライズゲストの登場。JALグランドサービスの西田選手だ。JALよりも自分にとってはエスビー食品という方が印象に残っている。初めて別大を走った2001年の大会で優勝しているのだ。ミーハーにも握手させてもらった。

アトラクションとして、西田選手が1000mを3:05で走るので、ついていってよいということだ。無謀にもチャレンジ。他数名挑戦者あり。ところが、走りだしてみると200mを33秒で通過。我々の速すぎるとのツッコミを受け、ようやく設定ペースに。しかし、今度は自分がついていけない。1周半したところで遅れはじめ、ラスト1周では脚を使い果たしてしまい、ヨレヨレとなって3:17だった。最後までついていけた若者もいて、脱帽。

西田選手の走りを見ていると、楽そうに軽々と走っているのに、こちらは全速力でも及ばないのだ。まあ当方スピード練習を全然やっていないというのも一因であるが。

とまあいろいろおもしろい経験をさせてもらった。参加してみて思ったのが、会員が想像以上に多かったということだ。市民ランナー相手の講習がビジネスになる時代となったのだなあ。

|

« パスネット終焉・急行銀河 | トップページ | 佐倉路番外編 »

「ランニング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/8853/40507247

この記事へのトラックバック一覧です: ニッポンランナーズ練習会:

» JALAGS陸上部の廃部 [高橋のブログ]
JAL陸上部も...。 [続きを読む]

受信: 2010/03/06 15:48

« パスネット終焉・急行銀河 | トップページ | 佐倉路番外編 »