« 武庫川ユリカモメ伴走 | トップページ | 国際グランプリ陸上大阪2007 »

大エルミタージュ美術館展

連休中走ってばかりも何なので、文化の薫り高き行動も、と京都市美術館で開催されている「大エルミタージュ美術館展」を鑑賞してきた。

目玉作品はゴーギャンの「果実を持つ女」やルノワールの「扇子を持つ女」、人気ナンバーワンはクナウスの「野原の少女」という感じだったようだが、個人的には精密な風景画が好みで、ベロットの「エルベ川から見たピルナの風景」なんぞに圧倒された。

それにしてもかなりの人出で、じっくり自分のペースで鑑賞することができないのがちょっと残念だった。

|

« 武庫川ユリカモメ伴走 | トップページ | 国際グランプリ陸上大阪2007 »

「文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/8853/14953358

この記事へのトラックバック一覧です: 大エルミタージュ美術館展:

« 武庫川ユリカモメ伴走 | トップページ | 国際グランプリ陸上大阪2007 »