« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »

いとこ会

自分には自らを含め9人のいとこがいるが、そのうち3人が関東在住であるということが判明し、いとこ会を開こうということになった。結局は飲み会だが。

ところが、いとこと最後に会ったのは親戚の法事以来で、おそらく10年以上会ったことがない。というわけで久しぶりというよりもほとんど初めましてに近い不思議な会合だった。

それでも4分の1は同じ血を持つ者同士、兄弟が増えたような感じだった。いずれは全員でいとこ会をやろうという話も出た。はてさてどうなることやら。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

STEP東京本店

O'HanaRacer2ステップスポーツ東京本店が水道橋にオープンしたとのことで、寄ってみた。

店内の広さは長居のステップよりだいぶ広い感じ。オープン直後ということもあり結構賑わっていた。

全品20%オフ、DM持参でさらに10%オフということでついついシューズを1足衝動買い。アシックス・オハナレーサー2。実家での高速練習用にどうかな、と。定価12390円が5850円で買えたのならまあ十分か。

陸上専門店といえば上野のアートスポーツにまだ行ったことがないのだが、どちらの方が品揃えがいいのだろうか。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

鼻・開通

先日、レーザー手術を受けた鼻、術後2週間が経過したので様子を診てもらった。

手術後の出血が止まってからは鼻が詰まることもなく過ごしていて、診察の結果も特段問題なしで、これにて終了となった。内視鏡で見た画像を見比べさせてもらったが、以前は張り出した粘膜に遮られ見えなかった鼻の奥が、手術後は見通せるようになっていた。

それにしても手術を含めたった3回の通院で完了とは、実にあっけなかった。効果の持続期間は長くても3年だそうだが、1年間でも鼻づまりに苛まれることがないのなら十分な費用対効果があると言えるのではないか。

ところが、残念なことに鼻が詰まってないということが当たり前になってしまうと、それにあまりありがたみを感じなくなってしまう。人というものは条件が改善することへのありがたさよりも、悪化することへの不満に対してより敏感ということか。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

葛飾区郷土と天文の博物館

葛飾区郷土と天文の博物館ミュージアム・ランの第三弾になろうか、今日は葛飾区郷土と天文の博物館を目指して走る。今回は都心を通らないので、王子駅経由で荒川沿いというアプローチ。それにしても行き帰りとも風が強かった。

何でもここのプラネタリウムは最近改装されて、光学式・デジタル式の両方を投影できるようになったとのこと。で、日本初の「デジタル・ユニバース」を上映可能とのことだった。ご当地用に若干冒頭部分が変えられているのか、「かつしかから宇宙へ」という番組として上演。スタート地点がごっつローカルだ。

葛飾を出発した視点は、あっというまに地球を離れ、太陽系の諸惑星(冥王星はのぞかれていた(^^;)をめぐったあと、銀河系、そして銀河の大規模構造、最後には136億光年という、現在観測しうる限界の距離からみた宇宙を眺めることができた。最後の視点はさすがに全天のデータが揃っていないのでたわしのように何方向かに毛が伸びるような形だったが、もうしばらくすれば全天揃うことになるのだろう。

それにしても、この視点の移動速度はとっくに光速を超えてしまっている。人間の想像力とコンピュータやCGの技術向上がなせる業だ。銀河の泡状分布の様子を見ると、何か人間の骨の中身のようだ。宇宙は、というかこの世の中のものすべてがフラクタル構造なのだなあと実感。

最後にまた地球へ戻るわけだが、何千億個もある銀河のうちのたったひとつの銀河系、そこに2000億個もある恒星の中のたったひとつの太陽、その惑星うちのたった一つの地球に我々が生きている。宇宙から見ればなんとちっぽけな存在なことか。それでも奇跡的な存在。60億人いる人間の出会いも似たようなものか。ここにもフラクタル的なるものを発見した。

番組は完全オートではなく、解説を生で行うのが暖かみがあってよい。番組の最後に葛飾に戻ってきてから今夜の星空解説というのもなかなか味があってよかった。165席ほどの会場が常に満席というのもうなずける。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

織田フィールド

織田フィールド今日もバンバンクラブの練習会に参加。今回は、お相手のY氏がスピード練習をするということで、代々木公園に隣接している織田フィールドで走った。

「織田フィールド」の名前は以前から聞いたことがあったが、実際に訪れるのはこれが初めて。全天候型の公認トラックが何と無料で開放されている(常にではなく月に数回)というのだから驚きだ。他にも陸上系のアスリート達がたくさん利用していた。

練習メニューは500mを8本。だいたい1分45秒で繰り返し、ラスト1本は1分35秒。伴走で出したスピードとしては(正確に計ったことがないからというのもあるが)おそらく最速。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

この世に銃のなかりせば

アメリカのバージニア工科大学で32人が銃の乱射により殺害されたというニュースが流れていたかと思えば、今度は長崎市長が撃たれたとのこと。

いずれも身勝手な犯人の放った凶弾が人々を傷つける。自分の意に添わないことがあったから、銃の力を借りて鬱憤を晴らす。銃など無ければそのようなことすらできないはずの弱い者であっただろうに。

バージニアでの犯人は自殺したという。死にたいなら他人を巻き込むな。
いや、巻き込むとしたら銃規制に反対する全米ライフル協会のメンバーのみにしてもらいたいものだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

レインボーブリッジを走破せよ

増上寺前今日はレインボーブリッジを目指して走ってみることにした。帰宅ラン等を通じて途中のルートはほぼパターン化されつつある。

途中芝の増上寺前を通ったら祭りか何かで神輿が練り歩いていた。

レインボーブリッジのたもとベイサイドに出ていくつかの埠頭・桟橋脇を行くとレインボーブリッジのたもとまでたどり着いた。遠くから見えていたが、間近で見るとさすがにデカイ。

所要時間はまたしても実走1時間半足らず。都内中心部であればどこでもだいたいこれぐらいの時間で行けるようだ。

橋の歩道以前は歩行者も有料だったそうだが、今は歩行者はタダで渡れる。

芝浦側からはエレベーターで7階まで上がる。歩道部分は、2段になっている橋の下側で、あまり見晴らしがいいとはいえなかった。しかも脇を車が高速で走り抜けていくので恐怖感もある。

というわけで長居は無用、ダッシュで駆け抜けることにした。お台場側のゲートまでタイムトライアルの結果は6分21秒。

お台場側から見た橋お台場に来ると、それまでの殺伐としたベイエリア風景が一転、のどかな砂浜となっていた。ウインドサーフィンやビーチバレーに興じる人、波打ち際で遊ぶ子供達。

お台場といえばフジテレビ。一般客の入場も出来るみたいだが、料金取るみたいなのでパス。他にもいろいろ施設はあるみたいだが、どれもこれも有料ばかりのバブリーな雰囲気なので冷やかし客は全てパス。

店舗も特には興味はないのだが、ひとつやたら長い行列の出来ている店があったので何だろうと見てみると、ペット用の犬のレンタル店だった。いかにもかわいらしい小型犬を、この海岸で散歩できるよう時間貸ししているようなのだ。ふーん、そんなビジネスアイデアがあるのか。犬のレンタルができるのなら○○のレンタルとか需要ないかねえ。おっと失敬、冗談が過ぎたか。

帰りは豊洲辺りから電車に乗ってしまおうかと考えていたが、思ったよりも距離がなかったようなので全部走ることにした。すると、どの街角でも区議選の選挙カーがうようよしていてうるさいこと。いやいや、選挙活動自体は仕方ないのだが、どの区も通り抜けるだけで、自分はそこの有権者じゃないんだってば。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

南十字星

070414今日は池袋サンシャインシティにあるプラネタリウム満天に行ってみた。生解説はなかったが、南十字星をオーストラリアで見ることをメインとした番組を上映していた。星空と全天周映像と音楽がバランスよく配置されていて、なかなかよくできていた。それにしても南天は星座がわからん。最後に観測視点がオーストラリアから日本に戻ってほっとする感じだ。

生の南十字星は2004年のゴールドコーストマラソンに行ったときにかろうじて見たことがある。次に見ることはできるだろうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

国民投票法案

憲法で定められているにもかかわらず規定のなかった国民投票が、ようやく法制化されようとしている。しかし、もっとじっくり論議して決めるべき事なのに、どうもメンツとか党利党略で翻弄されているのが気になる。国民の過半数が賛成しているわけではないのに通ってしまうのは問題だと思うのだが。

さらにいうと、こんな重要な話題をじっくり練ることもなく投稿しているのも問題だが。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

無理矢理皇居ラン

今年度初で皇居を走ろうと思ったが、想定外の強い雨。職場を出るのにも手間取ったがかなり強引に抜け出して走り始めが8時半ぐらい。雨はまだ降っていたが次第に弱くなった。

今晩の銭湯は久しぶりにバンドゥーシュだった。行ってみて驚いたのは風呂場がリニューアルされてやたらきれいだったこと。浴槽は若干狭くなったかもしれないが、洗い場がかなり広くなっていた。

惜しむらくは風呂上がりの一杯が飲めないこと。かわりに定食のご飯をおかわり。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鼻のレーザー手術

幼い頃から鼻炎持ちで鼻が詰まりやすく、これまでも毎シーズンと言っていいぐらいアレルギー性鼻炎を起こしては医者にかかり、薬をもらってだましだまししているうちに気にならなくなるのでそれでおしまい、という経過を繰り返してきたが、今こそ大幅な改善策を取るべしと一念奮起して、手術を受けることにした。

幼い頃にも手術の可能性を検討したことがあったが、当時は骨を削るとかかなり大がかりな方法しかなく、余程のことでない限りやらないというものだったようだが、今では内視鏡レーザーで狭くなっている鼻孔の粘膜部分を焼き切って拡げるという、あまり時間も費用もかからない方法があるそうだ。正式には下甲介粘膜焼灼術というらしい。

先週まず診断と血液検査を受け、施術に支障なしということで本日ついに手術実行。まずは鼻の中に麻酔薬がついた細長いガーゼを詰め込む。詰め込む。詰め込む。おい、何枚入れるねん。結局片側5枚ずつ詰められた。

しばらくして麻酔が効いてきたところで、いよいよ焼かれる番が回ってきた。奥の方は何ともなかったが、手前近くの粘膜を焼かれると、麻酔をしていても痛い。ボロボロと涙が出てくるが、それでも施術時間はわずか5分ほど。あっと言う間に終わってしまった。

術後しばらくは、要は怪我をしているのと同じ状態なので、浸出液と血が出てくる。そのうちカサブタが出来て、それが取れれば全て完了となるが、それまではかえって鼻づまりの状態が続くとのこと。本当に治ってくれるのだろうか。また、この治療は確かに効果は抜群だそうだが、有効なのは1年程度、長くて2、3年なのだそうだ。加えて辛いのが、術後1週間程度は禁酒禁煙ということだ(ヲイ)。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

選挙投票

070408_1今日は東京都知事選挙の投票日。期日前投票という選択肢もあったが、せっかくなので投票所に行ってみることに。走っていったらあまりにも近すぎて拍子抜け。小学校校区単位ぐらいであるのだから当たり前か。

投票所はなぜか紅白の横断幕。投票も一瞬で終わってしまった。出口に投票率が掲げられていて、10時現在で7%ぐらいだった。さて、どこまで伸びるのか。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

4月の雪

つい数日前までは半袖でも暑い気候だったのが、一転冷え込む。夕方頃には雷が鳴っていた。外に出なかったので後の報道で知らされたがみぞれまで降ったそうな。

やはりこの冬(というかもう暦では春になっているのだが)の気候は何かおかしい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東京ミッドタウン

桜と都電先月30日にオープンしたばかりの東京ミッドタウンまで行ってみた。もちろん走って。半袖でも暑いぐらいの陽気だった。

途中で、カメラを持った人が集まっていて、何かと思えば、都電が神田川にかかるあたりの桜が見事だから写真に収めようとしているのだとわかった。というわけでついでにパチリ。

東京ミッドタウン実走1時間少々で東京ミッドタウンに着いたところ、同じように冷やかしで来ている客で大混雑していた。皆考えることは一緒か。

中に入っている店には興味がないので、最上階まで階段ダッシュを敢行。さすがに途中で脚にきて10分以上かかってしまった。


…ってそんなことはありえない。東京ミッドタウンには展望台らしき施設はないので、ホテル客でもなければ最上階には行けないのであった。以上、ネタが細かすぎて不発に終わったエイプリルフールであった。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »