« 阪急烏丸駅エレベーター設置工事4 | トップページ | 中華人民共和国に捧ぐ »

素人よ、Winnyを使うな

最近、防衛庁から警察にいたるまであらゆるところで、ウイルスに感染したパソコンがWinnyでネット上に重要ファイルをばらまいてしまうという事件が相次いでいる。これは、裏を返せばそれだけあらゆるレベルの人達にパソコンが普及し、インターネット(しかもブロードバンド)が当たり前になっていることの現れであろう。

一昔前までは、パソコンを持っていると言う人は相当の物好きで、しかもパソコンはそれなりの知識がないと使いこなせない代物だった。それが近年の低価格化・高機能化・ユーザーインターフェースの向上によって、ちょっと言葉は悪いがいわゆる「ズブの素人」でも買ってみようと思える家電へと変貌を遂げた。

いや、ほんまにド素人ならまだましかもしれない。なぜならド素人はWinnyをインストールすることすら出来ないはずだからだ。問題は中途半端な素人である。ネットから便利なソフトがあればダウンロードしてきてインストールすることは出来るようになった、が、セキュリティがどうだとか言われてもちんぷんかんぷん、という筋合いが一番厄介だ。おそらく件の不祥事をやらかした連中もこのレベルだったのではなかろうか。

ここで、私見ながらWinnyを使ってもいいレベルかどうかを判定する指標を掲げてみたいと思う。以下の項目に一つでも該当するようならば、Winnyは使うな、と強く言いたい。
・一連の情報漏洩騒動は、他人事だと思っている。
・Winnyは音楽や動画やいろいろなファイルがタダで入手できる、お得なツールだと思っている。
・Winnyがどういう仕組みでネット上でファイル交換しているのか、興味もないし考えてみたこともない。
・ファイル名の拡張子を表示しない設定にしている。
・IEやOutlookExpressをデフォルトの設定で使っている。
・WindowsUpdateは面倒なのでついつい遅れがちである。
・今まで一度でもウイルスに感染してしまったことがある。そして、どうして感染してしまったのか、感染しているかどうかを調べる方法や、駆除する方法などもよくわからなかったので、他人に助けを求めたことがある。
・パーソナルファイアウォールを設置していない。

他にも挙げれば切りがないが、これぐらいのことすらクリアできない者は素人であり、Winnyを扱う資格はないと思う。ちなみに、私は上記の点に一つも引っかからないが、Winnyのことを知れば知るほど、これは自分の手に余る危険極まりないツールだと思い至り、今まで一度も入れたことはないし、これからも入れようとは思わない。見識ある玄人ならおそらくWinnyには手を出すべきでないと判断するはずだ。

もちろん、Winnyに使われているP2P技術は素晴らしいものであり、ブロードバンドの恩恵を最大限引き出すツールであることを否定はしない。しかし、一度ネット上に投げ出されたファイルは決して回収・消去できないという構造は欠陥だとあえて指摘しておこう。いくら高性能の車であっても、ブレーキがなければ乗る気にはなれない。

それでもあなたはWinnyを使いますか。
(参考URL:情報処理推進機構(IPA)のページより)

|

« 阪急烏丸駅エレベーター設置工事4 | トップページ | 中華人民共和国に捧ぐ »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

ホント、今までこの手のニュースは何度も聞いて来ましたが、それでもやめようと思わないぐらいのセキュリティに対する意識の人が情報流出しちゃうんでしょうね。なかなか難しいかも。

投稿: NAOJI | 2006/03/08 12:46

NAOJIさん、コメントありがとうございます。

愛媛県警のケースでは、漏らした当人が職場のコンピュータセキュリティ担当者だったというのだから聞いて呆れます。

もしどうしてもWinnyを使いたいと言うときは、普段使うパソコンとは別に、Winny専用の「捨てパソコン」を用意するしかなさそうですね。そこには盗まれても困るようなファイルは一切置かない。DMZと同じ発想です。

投稿: くりりん | 2006/03/11 00:20

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 素人よ、Winnyを使うな:

« 阪急烏丸駅エレベーター設置工事4 | トップページ | 中華人民共和国に捧ぐ »