« 2006年2月 | トップページ | 2006年4月 »

辞令

いよいよ東京行きの切符となる正式辞令が交付された。同じ様な境遇の10数名がそろって社長室へ顔見せに伺ったら、ボスが「誰かスーパーに行くヤツはおらんのか」と言って笑いを取っていた。いやあ、こっちにはシャレになんないっす(汗)。

お世話になった方々へのあいさつ回りや、サボっていた机の中や周りの後かたづけやらであっと言う間に一日が終わってしまった。

060331学生の頃を含めると14年間も乗り続けた阪急電車も、今日でしばらくお別れ。烏丸駅のエレベーターは、ちょうど今日からの稼働となり、最初で最後の利用をさせてもらった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

最後の晩餐

060330

慣れ親しんだ大阪の夜景も、これでしばらくお別れ。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

転出届

十何年振りに転出届を出すことになり、役所の窓口へ。とはいえ前の時は親にまとめて届けてもらっているので、自分一人で届けをするのはこれが初めてだ。にしても、ずいぶんとあっけなく終わってしまった。が、先日のライフライン開通依頼に比べると、出向かないといけないのはまだまだ手間だ。住基カードがあればインターネット経由で済むって話があったような気がするが、どうなってるんだろうか。
…って、住基カード持ってないけど(^^;。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

便利になったものだ

転居先の電気・ガス・水道、着いてすぐでは使えないのだろうなと思っていたら、最近はインターネットで開栓日を依頼することができるようになっているのだそうだ。これで、現地にまだ一度も足を運ぶことなくとも、着いた日にライフラインの開通ができそうだ。いやあ、便利になったものだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

甲子園

関西を走れる週末もこれが最後。ラストランの地には思い出のいっぱい詰まった武庫川を選んだ。

ふと思いついて、センバツ高校野球をやっている甲子園球場に行ってみたら、ちょうどうまいタイミングで試合開始だった。しかし、このあと地元京都外大西は負けてしまったようだ。

別ウィンドウで動画再生)

最後は友人宅にて気の置けない仲間たちとパーティー。翌日が平日なのがとても残念。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

内示

4月から東京へ転勤となった。

その可能性がまずありえないからこの会社にしたんだけどなあ…。
まあ、声が掛かるのは有り難いことではあるのだが。

とりあえず今年の目標であった「パラサイト状態からの脱却」は図らずも実現されてしまった(爆)。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

告示

060323誰に投票しろともするなとも言えないが、投票には行きましょう…って今回も投票率低いんだろうなぁ(--;。

…ってここの選挙区民でないのだが(^^;。

一応ランナーつながりと言うことで掲載してみた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

阪急烏丸駅エレベーター設置工事5

060322ここんとこ変わり映えのしなかった阪急烏丸駅のエレベータだが、看板が掛かっていて、3/31から利用可能になるそうだ。

駅ホーム側は見た目変わっていないが、コンコース側は作業用で囲っていた部分がなくなり、周りがずいぶんすっきりした。

(「阪急烏丸駅エレベーター設置工事4」にトラックバック)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

祝・日本野球世界一

すったもんだのあったWBC(ワールド・ベースボール・クラシック)だが、終わってみれば日本が優勝、何はともあれ終わりよければすべてよし、というところか。

ただし、強く心に留めて置かねばならないのは、これで日本の野球が世界一だと奢り自慢することではなく、この優勝には、予選最終戦で勝っても二次予選突破の目がなかったにもかかわらず米国を破ったメキシコの心意気と、全参加国で最も勝率が高く、しかも日本に2勝1敗と勝ち越している韓国という好敵手がいたからこそ成り立っているということだ。

審判や奇妙なルールに首を傾げたくなるような面も多々あったが、それを差し置いても、各国からの精鋭が集まり真剣にプレーをすれば、ベースボールというものは大変良くできた面白いゲームだということが世界にアピールできたのなら、まずは成功と見ていいのではないだろうか。おかしな点は3年後また修正すればいいだけのこと。しかし予選敗退した米国がやる気をなくしてやーめた、と言い出さなければの話だが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

豆腐

060320今日は一日お休みをいただいて、この機会に両親共々妹の家を訪問。久々に行くと甥っ子はずいぶんしゃべるようになっていた。まだまともなコミュニケーションというには難しいが。

で、お昼は妹一家も一緒にランチをということで、豆腐が自慢のレストランへ。ここではランチタイムのサービスとして、コースを注文すると、豆腐のおかわり自由となっている。これ幸いとばかりにこの豆腐だけで4杯ももらってしまった。もちろんコースの膳もいただいた上での話。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

高槻クロスカントリー2006

3年ぶり2度目の参加となるこの大会に高槻市萩谷総合運動公園を車で訪れる。駐車場は満車寸前だったが何とか滑り込み。会場では知り合いのランナーとも何人か会う。

0603193月も半ばを過ぎたのに冷たい風が吹き時折みぞれも吹き付けるコンディションの中、6位でゴール。大した内容の走りは出来ていなかったが、タナボタで年代別の部門では1位だったようなので賞状、盾、賞品をもらう。賞品は1、2、3位とも同じ弁当箱だったようだ。

その後は摂津峡温泉に行き、晩からは新たなメンバーも加えて富田駅前で宴会。日付が変わるくらいまで続くのであった。
(うえちゃんのええやん日記「高槻クロスカントリー大会」、ぼちぼちライフ「第7回 高槻クロスカントリー」にトラックバック)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

嵐山

060318_1嵐山、と言っても観光名所の嵐山ではなく、その南側にある本当の山である嵐山を目指して走りに行ってみた。

ところが、山に入る道がわからない。岩田山モンキーパークは有料だし、大悲閣(ここも有料だが)まで行ってみたら門が閉じられていて先へ進めない。

仕方がないので阪急嵐山方面に戻りかけたときに、偶然登り口を発見。それが先日も走った京都一周トレイルの西山コースの一端だった。分岐点の要所要所には案内版が立っているのでトレイルコースを迷うこともなく走れた。途中松尾山山頂付近の眺望がいいところから渡月橋を見下ろすこともできた。

060318_2松尾山からはトレイルコースを少し外れて進むと、嵐山山頂らしきところにもたどり着けた。三角点が見あたらなかったので断言はできないが。

途中には付近一帯の案内図も掲げられており、帰路は苔寺の方向へ降りていった。このコース、特に暑い時期などにも使えそうだ。

| | コメント (2) | トラックバック (2)

ケータイ国際フォーラム

nec_0011.jpg
2年ぶりぐらいでパルスプラザにやってきた。この間にケータイもまたずいぶん進化したなぁ。

本来の目的である関連イベントの生中継ネット配信は、何とか無事終了。リハーサルで全然うまく行かなかったのでヒヤヒヤものだった。

で、会場をぶらぶら見て回っていると、自転車ロボットの「ムラタセイサク君」に出会った。テレビとかで見たことはあるけど、本当に自転車だ。しかもぴたっと止まっても倒れないのは驚きだ。

(埋め込み動画が表示されない場合はこちら

| | コメント (0) | トラックバック (0)

春闘

労働者の立場でありながらあまり縁のない春闘だが、今年の春闘は久々に賃上げ(特にベア)も交渉の俎上に上がったとのこと。

まあ確かに給料増やすのは手っ取り早い闘争の成果ではあるが、物価も賃金も右肩上がり上がりだった時代ならいざ知らず、低成長期のこのご時世に賃上げ一辺倒というのもどうなのかなと思う。

賃上げ以外にも、サービス残業の一掃とか、なかなか有給を取れない、育休を取れない雰囲気の改善とか、意に添わない人事異動を控えるとか、労働者ばかりを切るのでなく、無能な上司、無能な経営者はバサバサ斬られるようなチェック機能を働かせるとかで、労働環境を改善できる余地はまだまだあると思うのだが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

京都シティハーフ2006

小雨、気温はやや高めだった第13回京都シティハーフマラソン、途中経過及び結果は以下の通り。

DIST  /  SPLIT  /  LAP
 0- 5k  /  17:21 / 17:21
 5-10k  /  35:30 / 18:09
10-15k  /  54:11 / 18:41
15-20k  /1:12:00 / 17:49
20-G    /1:15:52 /  3:52

というわけで、自己ベストから1分も遅れてしまったが、10km過ぎてから3分40秒台、50秒台のラップを連発してしまい、もうダメだと思った状況からはよく持ち直せた方だ。

やはりこれは折り返し前に、今回ガチンコ勝負対象の某選手に一旦抜かれて、闘争心に火が付いたから復活できたのだろう。ありがたきは良きライバル。

恒例の三条河原宴会は悪天候のため取りやめ。それでも三次会まで行ってヘヴィな一日だった。(走りでなく、飲みが(^^;)

(Like a rolling stone「京都速報」、ぼちぼちライフ「無念の初リタイア【京都シティ】」にトラックバック)

| | コメント (3) | トラックバック (0)

今年も駅伝大会

060311毎年恒例の職場の駅伝大会に参加。前年の連合軍チームとちがって、今回は純粋に課のメンバーだけで組んだチームで出場。当然のごとく1区で走り出すが、またしてもわずかの差で区間賞を逃して2位、3.6kmを12分32秒。どんどんスピードがなくなってきている感じだ(--;。ちなみにチームの順位も最終的には26位(30数チーム中)ぐらいまでに落ちてしまった(^^;。まあええけど。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ココログ大チョンボ

既にココログ関係ではあちこちで怒りの炎が上がっているが、3/9から10にかけて、当初「メンテナンス」と称して始めた作業で、どこをどう間違えたのかは知らないが、障害発生と言うべき状態になり、まるまる30時間ほどココログへログインが出来ない状態が続いていたようだ。まあ担当スタッフはよかれと思ってやったんだろうし、この一昼夜不眠不休で格闘してたには違いないが、余りにもお粗末な展開だった。

タイミングの悪いことに、そうでなくてもココログはレスポンスが遅いし、さらに最近では無料版ココログが出来てそちらの方が高性能だ、というような不興を買っていただけに、今回の失態で追い打ちをかけてしまった。よくある無料サービスなら「タダでやらせているんだから文句は言うな」という開き直りもできようが、ココログは有料でやってるのでねえ。所詮月250円ではこの程度のクオリティということか。今まで書き貯めてしまったコンテンツの移転さえクリアできるなら、他のブログサービスへの乗換も真剣に検討するところだ。

いや、待てよ、これで怒って出ていくユーザーを待つのが@niftyの狙いか?!。ユーザーが増えすぎて対応しきれずレスポンスの低下を招いているのだから、不満分子の一掃とレスポンスの回復が一石二鳥というわけだ。…ううむ、それって、一部国民を餓死させて食糧不足の解消と不満分子の一掃を謀った某○朝○と同じやり方ではないか(寒)。

(20060310障害情報報告ブログ「第2報 16:10時点でのご報告をいたします。」、きまぐれ日記「やっと更新」にトラックバック)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

中華人民共和国に捧ぐ

オレはチャイナ ガキ大将 天下無敵の国家だぜ
日本 韓国 目じゃないよ
ケンカ スポーツ どんとこい
北京五輪は 完璧さ〜

(セリフ)
「何だよ何だよ!温室効果ガス排出を減らせだって?
 そりゃないぜ京都議定書!オレは発展途上国だぜ!!」


オレはチャイナ ガキ大将 中華民族世界一
アメリカ ロシアも 負けないぜ
言論思想の自由が なくたって
中共独裁は 負けないぜ〜

(セリフ)
「何?台湾!もっぺん言ってみろ!独立するだと?!
 お前ら!ギッタギタだぞ〜!!」


オレはチャイナ ガキ大将 アジア一の暴れん坊
お前のモノはオレのモノ
オレのモノはオレのモノ
外交もうまいぜ 任しとけ〜


(「ドラえもん」劇中歌『オレはジャイアン様だ!!』より
 …っつーか、元ネタも正確には知らないのだが…こんなイメージで)
#もうちょっと前に投稿したかったのだが、タコなココログのせいでタイミング逸し気味(--;。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

素人よ、Winnyを使うな

最近、防衛庁から警察にいたるまであらゆるところで、ウイルスに感染したパソコンがWinnyでネット上に重要ファイルをばらまいてしまうという事件が相次いでいる。これは、裏を返せばそれだけあらゆるレベルの人達にパソコンが普及し、インターネット(しかもブロードバンド)が当たり前になっていることの現れであろう。

一昔前までは、パソコンを持っていると言う人は相当の物好きで、しかもパソコンはそれなりの知識がないと使いこなせない代物だった。それが近年の低価格化・高機能化・ユーザーインターフェースの向上によって、ちょっと言葉は悪いがいわゆる「ズブの素人」でも買ってみようと思える家電へと変貌を遂げた。

いや、ほんまにド素人ならまだましかもしれない。なぜならド素人はWinnyをインストールすることすら出来ないはずだからだ。問題は中途半端な素人である。ネットから便利なソフトがあればダウンロードしてきてインストールすることは出来るようになった、が、セキュリティがどうだとか言われてもちんぷんかんぷん、という筋合いが一番厄介だ。おそらく件の不祥事をやらかした連中もこのレベルだったのではなかろうか。

ここで、私見ながらWinnyを使ってもいいレベルかどうかを判定する指標を掲げてみたいと思う。以下の項目に一つでも該当するようならば、Winnyは使うな、と強く言いたい。
・一連の情報漏洩騒動は、他人事だと思っている。
・Winnyは音楽や動画やいろいろなファイルがタダで入手できる、お得なツールだと思っている。
・Winnyがどういう仕組みでネット上でファイル交換しているのか、興味もないし考えてみたこともない。
・ファイル名の拡張子を表示しない設定にしている。
・IEやOutlookExpressをデフォルトの設定で使っている。
・WindowsUpdateは面倒なのでついつい遅れがちである。
・今まで一度でもウイルスに感染してしまったことがある。そして、どうして感染してしまったのか、感染しているかどうかを調べる方法や、駆除する方法などもよくわからなかったので、他人に助けを求めたことがある。
・パーソナルファイアウォールを設置していない。

他にも挙げれば切りがないが、これぐらいのことすらクリアできない者は素人であり、Winnyを扱う資格はないと思う。ちなみに、私は上記の点に一つも引っかからないが、Winnyのことを知れば知るほど、これは自分の手に余る危険極まりないツールだと思い至り、今まで一度も入れたことはないし、これからも入れようとは思わない。見識ある玄人ならおそらくWinnyには手を出すべきでないと判断するはずだ。

もちろん、Winnyに使われているP2P技術は素晴らしいものであり、ブロードバンドの恩恵を最大限引き出すツールであることを否定はしない。しかし、一度ネット上に投げ出されたファイルは決して回収・消去できないという構造は欠陥だとあえて指摘しておこう。いくら高性能の車であっても、ブレーキがなければ乗る気にはなれない。

それでもあなたはWinnyを使いますか。
(参考URL:情報処理推進機構(IPA)のページより)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

阪急烏丸駅エレベーター設置工事4

0603063月中に終わる予定というこの工事、毎日見てもあまり変化がないようだがこれで間に合うのだろうか。

…と思ったら、今日はエレベータを囲む骨格部分が組み上がっていた。

(「阪急烏丸駅エレベーター設置工事3」にトラックバック)

| | コメント (0) | トラックバック (1)

京都部分トレイル

菩提滝昨日に引き続き好天だったので、この日は嵐山、清滝までは前日と同じコースだが、そこからは昨日と逆で清滝川を遡る方向へ走る。ここも東海自然歩道、そして京都一周トレイルのコースの一部になっている。清滝川沿いのコースはこちらも素晴らしい。

高雄のあたりから車道と合流し、しばらくは国道162号線に沿って行かねばならない。ここは車通りも多くあまりよろしくない。バイパス工事が進んでいるようなので、これができて現国道が旧道になれば少しはマシになるかも。

中川という地名が出てくる辺りから国道を離れ、1車線ギリギリの細い舗装道路を進む。その途中に菩提滝があった。京都市内でもこんな風景があるとは驚き。そのまま東海自然歩道に沿うと鷹峯の方へ送り込まれてしまうので、まっすぐ沢の池へ下る方向へ進む。

沢の池まではよかったが、その先トレイルコースも外れて、福王子と表示された山道の方へ入ったら、結構激しい道で苦労した。途中から小川沿いの道となったが、崖の際を通らされたり、川の合流ポイントで道を失いかけたりと、危うく京都市内で遭難するところだった。そのわずか10数分後に山道を抜けた途端、いきなり普通の住宅街になっているギャップにまたびっくり。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

保津峡

トロッコ保津峡駅この日は嵐山から清滝を経由して、清滝川沿いを下って落合へ、その先の保津峡まで走る。清滝川沿いの道はとても景色がよかった。

そして程なくトロッコ保津峡駅に到着。

駅から嵐山方向を望む嵯峨野トロッコ列車の線路は、山陰本線高速化前の旧線であることは周知の通り。というわけで、某電車でGoに出てくるシーンと全く同じ構図を、リアルで見ることが出来て感激!(おバカ)。

トロッコ列車そうやってうだうだしているうちに、トロッコ列車がやってきた。到着時と出発時には駅にあるベルが大音響で鳴り響く。600円払えば嵯峨嵐山まで行けるが、もちろんそんなことはしない。ただの冷やかし。


(埋め込み動画が表示されない場合はこちら

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ひなまつりを斬る

恒例のくだらぬ習慣斬りシリーズ(いつの間に(^^;)。

3月3日は言わずと知れたひなまつりの日。ここで詳しい歴史的経緯を述べるよりも、もっとちゃんとしたサイトがあるのでそちらに譲るとして、ごく簡単に言えば、古代中国で汚れを払うための「上巳の祓え」という行事が、日本では人形に汚れを託して流し去るいわゆる流し雛の習慣となり、そのうち雛人形を流すのではなく飾るようになったのが室町時代の頃、である。

ところで何でちらし寿司を食べねばならないのだろう。この根拠は不明である。さらには最近ではケーキを食べるのが流行らしく、デパートのケーキ売場に行列が出来るぐらいだと(!)。これらはバレンタインのチョコや節分の巻き寿司級の、歴史のごく浅い、作為的・商業的な習慣であることをよく知っておいてもらいたいものだ。いや、食うなとは言わん。しかし、まるでこれが昔からの習慣ですというような誤った見識を持たないように願いたいということだ。

ちなみにちらし寿司に付け合わせるお吸い物の「蛤」には意味があるようだ。さらにいうと、桃の節句と言われながら、この時期桃の花なんて咲いてやいない。それも当然、旧暦の3月3日は、今年の新暦で言うと3月31日だ。やっぱり古来からの行事は旧暦でやった方が趣があるんでないのか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

屈辱のごちそうさま

嫌いな食べ物一切なし、出されたモノは全部食う、をモットーにしている自分にとって、今日の夕飯は屈辱だった。

嫌いなモノでも何でもなかったのだが、どうもお腹の調子が悪くて、食が進まない。前に食べた物が何か悪さしているんだろうか。無理に食べると気持ち悪くなるのが必至だったので、ほんとに何年か振りというレベルで食事を残してしまった。あなくやし。

毎食ごとにちゃんと食欲があって、完食できると言うことが今まで当たり前だったので気づかなかったが、これってとても有り難いことだったのだなと、改めて痛感。

#前にも同じ様なネタがあった気もするが…まあいいか。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2006年2月 | トップページ | 2006年4月 »