« 阪急烏丸駅エレベーター設置工事2 | トップページ | 大阪城梅林 »

五輪で勝たねばならないか

トリノ冬季五輪・フィギュアスケートで荒川選手が見事優勝、金メダルを獲得した。これはもう言うまでもなく、本人の多大な努力と、少しばかりの運と、そういった諸々の要素の集大成であって、素晴らしい、とただただ賞賛するばかりである。一方で、惜しくも順位では下となってしまったコーエン選手、スルツカヤ選手らにもそれぞれのエピソードがあり、この人達も優勝させてやりたかったと思うことしきりである。

さてここで最近よく聞かれる意見として、マスコミの採り上げ方が、金メダル至上に走りすぎていることが上げられる。よくよく考えれば、オリンピック代表になれることだけで既に凄いことなのに、である。この選手はメダルが期待できる、と余計なプレッシャーを散々かけまくったあげく、失敗して結果が出なかったら、なあんだー、とヘタすれば責めるような感じで書き立てる。足を引っ張っているのは誰かということをよく考えなければならない。

さらにいうと、今回のフィギュアスケートに限らず、様々な競技はオリンピックの時だけにやっているのではなく、普段から開催されているものだ。にもかかわらず、オリンピックの時だけ注目はするけれど、後はほとんど採り上げてもらえないのが実態だ(特に冬季五輪の種目は)。選手達はこのオリンピックのために、オリンピックでない時からどれだけ苦労をしているのかということに思いを馳せるべきだろう。

一つ提案として、日の丸や君が代を日本の愛国心の象徴として全ての国民に敬愛させたくてしょうがない勢力(親玉は文科省になるだろうか)に、これらオリンピックを目指す選手達の(特に財政的な)支援を行わせるべきだろう。卒業式で無理矢理日の丸を掲げさせたり、君が代を歌わせたりしても決して浸透しまい。しかし、あのアリーナで日本代表の選手達を応援し、成果をたたえてうち振られる日の丸に、ましてや優勝して流れる君が代に対して、嫌悪感を抱く日本人は(たとえ卒業式で強制されると反発するような教師達であっても)いないであろう。そういう機会を増やす努力・支援をしたらいいではないか。ただしこれにはオチがあって、それを押し進めた結果がかつての東側諸国のいわゆるステート・アマであるが。

ちょっと話がそれてしまったが、結局のところ、スポーツそのものを生業とするならば、常に結果が全てであり、オリンピックに出て勝つことを強要されてしまうということになるのだ。だとすれば、個人として食っていくためにギリギリの戦いをしているところに、さらに国家を代表して、みたいな期待を上乗せすることは、果たして応援と言えるのかどうか、甚だ心許ない。

(まこてぃん日記「荒川選手、金メダル!」、きまぐれ日記「もっとまじめにスポーツを遊べ」にトラックバック)

|

« 阪急烏丸駅エレベーター設置工事2 | トップページ | 大阪城梅林 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 五輪で勝たねばならないか:

« 阪急烏丸駅エレベーター設置工事2 | トップページ | 大阪城梅林 »