« FLASH動画配信テスト | トップページ | 魔の脱輪トラップ »

証明不可能

国会では、元・ライブドア代表の堀江容疑者が、メールを送ったか送ってないかの不毛な水掛け論が続いているようだが、永田議員よ、あんた電子メールとは何たるかの基本が全くわかってないねえ。

あのメール、もし本当に堀江容疑者が送ってたとしても、電子署名とかの手だてがされていない限り、本当に堀江容疑者が送ったんだってことを、コンピューターの技術としては証明できないんだよ。だって考えてもみてごらん。これだけ世の中スパムメールがあふれているのに、その迷惑な送信者をとっ捕まえて吊し上げることができない。それは、現状の電子メールシステムでは送信者を突き止めることができない(まれにわかったとしても非常に困難だ)からなんだよ。送信者のメアドだって、送信日時だって、IPアドレスだって、途中の中継サーバの記録だって、なんぼでも詐称できるんだよ。

それじゃあ困るってんで公開鍵暗号方式による認証なんかが始まってて、これで電子署名をすれば、改竄されてないとか、本当に本人が出したって証拠にできるんだがね。本来はこの基盤となるべきなのが公的個人認証のシステムなんだけど、プライバシーの侵害だって騒ぐバカ共が多いものだから、役人の方もビビっちまって、役所の申請にしか使えないと言う全く使い勝手の悪い道具にしてしまった。そりゃあ普及せんわな。

というわけで話がそれてしまったが、永田議員は、事の真実がどうなのかはともかく、自分がコンピューター関係技術に関して無知であるということをさらしてしまったねえ。電子メール以外の何かリアルな物的証拠を握っているならともかく、あの紙切れ一枚では、何も証明できまへん。自民党をやりこめたいがばかりに、ろくに確かめもせずにネタに飛びついたんと違うか。この件が命取りにならなきゃいいけどね。やれやれ。

(高橋のブログ「国政調査権は現段階では発動すべきでない」にトラックバック)

|

« FLASH動画配信テスト | トップページ | 魔の脱輪トラップ »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 証明不可能:

« FLASH動画配信テスト | トップページ | 魔の脱輪トラップ »