« 2005年10月 | トップページ | 2005年12月 »

eコレクト

先日ネットショッピングで購入した商品が、今日届いた。いつもは、ネットショッピングで注文する時点でクレジットカード決済をしていたのだが、今回はその選択肢がなく、代わりに「佐川急便のeコレクト」という方法があるようなのでそれを選択した。TVCMで聞いたことのあるやつだ。

配達の時間帯も指定していたので、配達前に確認の電話が掛かってくる。そして10分後に例のセールスドライバーが登場。商品を受け取り、確認のはんこを押すのはいつも通りだが、このあと、クレジットカードを出すと、携帯電話の親玉のような端末で読みとって、しばらくすると店先でクレジット払いをしたときに出てくるのと同じシートがその端末から出てきた。どうやらちゃんと通信をしているようなのである。後で調べてみると、DoCoMoのパケット通信DoPaというサービスを利用しているようだ。ということは携帯電波圏外の所ではこれは使えないのだな。で、普段のクレジット払いと同じように署名をして渡し、控えをもらってめでたく決済完了となった。

このやり方であれば、先にネット購入時に決済したのに詐欺にあって商品が届かないというリスクは負わないことになる。確実に手元に届くまで払う必要はないのだから。店の方も、届け先が詐欺を働こうとしても支払いをしない限り商品を持ち逃げされることはないから同様に安心なはずだ。いやあ、なかなかうまい仕組みを考えたものだ。もちろん、佐川さんは手数料をもらって儲けることになるのだが、今回は送料・代引手数料ともショップ側のサービスになっているので、とっても得した気分なのであった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

三島地区駅伝

051127_1今日は万博記念公園陸上競技場で三島地区駅伝大会。例年2月に行われていたのが、今年は11月に変わったのだとか。三島地区というのは、高槻市、島本町、茨木市、吹田市等の旧三島郡を指す。男子は1区が4.8km、2区以降6区まで4.05kmの6区間で競う。

051127_2私が加わったチームは、何とぶっち切りの優勝。とはいえ一般男子で6チーム、中学高校合わせても17チームしかないショボイ大会なので、レベルとしてはどの程度のものか。ちなみに私は4区を走って14:02で区間1位。…やはりレベルの程は知れているということか(^^;。

#ただしめっちゃ速いランナーもいたのは確か。中には12分台の人も…速っ!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

皇位継承権

首相の私的諮問機関「皇室典範に関する有識者会議」において、皇位継承権を「男系限定」から「長子優先」、すなわち女性天皇や女系での継承も認めるべしという報告書を出して、賛否両論渦巻いているところである。

つまり、今までのルールは必ず天皇の息子が跡を継ぐ(男の子がいない場合は遡って弟、従兄弟…と、先代・先々代…の天皇から男の子だけをたどって血を受け継ぐ者が順次対象)としていたものを、男女に関わらず一番目に産まれた子が天皇の跡を継ぐ、というルールに変えたらどうかと提案が出たわけだ。

この意見に猛反対している人達も多い。何せ日本建国以来二千六百ウン十年間、125代にわたって「万世一系」で男子が受け継いできた(と言われる)天皇家の伝統を、ここで断ち切ってしまうことになるのだから。

しかし、この万世一系の伝統というのは、科学的には甚だ疑わしい。2600年も前となれば邪馬台国の卑弥呼よりもさらに昔、文字すらない時代に、特定の家系が男系で受け継がれたと証明することはほぼ不可能だ。実際、史実には何も書かれておらず、後付けの神話だけが根拠、という心許ない状況だ。さらに、大和王朝が確立する5世紀頃の古墳時代でも、各地の豪族(おそらく天皇家もその一つ)が激しく勢力争いを行っており、おそらくは大王(オオキミ)の地位が簒奪されたことも十分考えられる。…と、このようなことを戦前戦中に言おうものなら不敬としてブチ込まれたそうだが。

従って、少なくとも信用に足る記録が残るようになった時代以降(南北朝時代も怪しいのでそれ以降か?)の皇統については、男系の伝統が貫かれている、といえる程度だろう。それも、途中で血が絶えかけて、かなり遠縁の傍系子孫を無理矢理引っ張ってきたこともあるだろう。

つまり、万世一系男系を絶対維持したいというのは、伝統(…まあ数百年も続いていれば伝統と認めてもいいのかもしれないが)というよりも、信念(2665年前から天皇家は万世一系続いているのだ、そうでないことなど信じない!認めない!キーッ!!と思うかどうか)の問題なのだ。少なくとも科学ではない。

では実際どうすればいいのだろうか。現に、今の制度を維持するのであれば、年齢順で行けば秋篠宮を最後に天皇家断絶、となってしまう。廃絶した旧宮家を復活させるという考えもあるようだが、江戸時代ぐらいから傍系に行ってしまった遠い血筋を今更引き戻して、どれほどありがたみがあるのかというのも考え物だ。

そもそも、神話を信じるなら、日本国民はすべてイザナギとイザナミの子孫ではないのか。だったら誰が天皇になってもいいように思われるが。それとも、いっそのこと男系継承にこだわって、その後、断絶したので天皇制を止めます、という大胆なやり方もありかもしれない。第二次世界大戦の敗戦時にも一度天皇制廃止の議論があったわけだから。

それにしても、日本国の象徴である天皇家が、日本で問題となっている晩婚化・少子化をも見事に象徴してしまっているというのは、実に皮肉な話だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

福知山マラソン

3年ぶりぐらいで福知山を訪れる。今日は静岡県のNさんの伴走を拝命、目標は3時間。
25kmまでは順調、30kmも何とか射程距離内だったが、その後崩れてしまい3時間4分の結果。やはり晴盲関係なく30kmからの走り方がすべてである。
目標よりは遅れたがB1の部で3位入賞、伴走者もメダルをゲット。早速来年のリベンジの予約を承った。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

そろそろ次の携帯を

今使っている携帯電話が、来年1月で買ってからちょうど2年になるので、そろそろ換え時かなと思い、近所の家電大型店にふらっと寄ってみた。まずは冷やかしで色々な機種を見てみる。

個人的に欲しいと思っている機能は、いわゆるおサイフケータイ、QRコード読みとり、メガピクセル程度のデジカメ(さすがに今の36万画素では画像荒すぎなので資料価値としては難あり)、外部メモリーカードと、この程度で十分なのだが、並べられている機種がどれもFOMAばかりになってしまってややオーバースペック気味。

欲しい機能はMOVAで十分揃うのだが、売場では是が非でもFOMAに移行させようというドコモの意向が見え隠れして嫌な感じだ。TV電話なんてイラネ。仕事でPCつなぐわけでなし、300Kの通信速度もイラネ。単位当たりのパケット代は安くなるかもしれないが、トータルで払う額は増えそうでこれも嫌。

それより未だにサービス範囲が狭いのを何とかすべきでは。また、この間の地震の時に問題になった、輻輳時に音声通話だけでなくパケットまで制限されてしまう状況は改善できたのだろうか。機種によって対応/未対応分かれるはずだがそんなことも一言も書いてない。

これではなんだか買う気も起こらない。ドコモやメーカー各社あれでもニーズを見極めて製品作っているのだろうか。最近伸びないのも道理だ。PCみたいに、必要な機能だけ積み増ししていくシステムがあったら面白いのだがな。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

秋のポンポン山

051120今日はポンポン山往復コースへ走りに行く。

神峯山寺は紅葉の名所だが、一応シーズンに入って色づいてはいるものの、温暖化の影響か色合いがイマイチのようだ。まだ赤くなっていない葉も結構あった。ここんとこの冷え込みで少しは進んでくれればいいのだが。

途中団体さんのハイキング御一行を追い抜くなどしたが、頂上はガラガラだった。亀岡の方向を見ると、山は晴れているが盆地のところに霧がかかっているようで、幻想的な眺めだった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

食わず嫌いに出られない

フジテレビ系のバラエティー番組「とんねるずのみなさんのおかげでした」にあるコーナー「食わず嫌い王決定戦」が400回目を迎えるのだとか。この手の番組は最近あまり見ることもなくなったが、このコーナーなら知っている。2組の芸能人が出てきて、お互い数品のメニューを出すが、その中の1つが実は食わず嫌いで食べられないものが入っているので、食べる様子を見せあいながらその品を当てるというゲームだ。

しかし困ったことに、私はこのコーナーには出られない(芸能人かどうかは別にして)。というのも、出されて「参りました、これは食べられません」というメニューはないからだ。嫌いで食べられない物があるのは、それだけで人生の半分を損しているような気がする。何回か出演している人もいるようだが、それだけ多くの食わず嫌いの品があるということになり、あきれた話だ。

#なお、くりりんの性格が食えないとか、人に対して食わず嫌いがあるとかいうツッコミはこの際禁止(爆)

| | コメント (5) | トラックバック (0)

東京出張

051117_1今日は全国から担当者が集まって会議をやるので、珍しく東京へ出張。ここぞとばかりに、数年振りとなる500系に乗る。

051117_2051117_3途中伊吹山はキレイに見えたのだが、富士山は雲がかかっていてよく見えなかった。残念。

051117_4東京駅から会場へ向かいさらに移動中。山手線の新型車両に初めて乗った。ドアの上に大きなディスプレイが2つ。右側では、次の駅名やらドアがどちらが開くとか階段の位置がどこにあるとかを事細かに表示していた。左側のディスプレイはCMらしき映像が流れていた。全体にラッピング塗装をした車両も多く走っており、広告料で少しでも多く収益上げようとしているのだなと感心するやらあきれるやら。

ちなみに会議でも黙って聞いているだけではなく発言もしたので、そこんとこよろしく。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

デモねえ

051115ブッシュ米大統領が京都に来るとあって、京都御所周辺はものものしい警戒態勢。上空にはヘリコプター。道のあちこちにも機動隊の装甲車両が配備。

で、某グラウンドでランニングした後にバスに乗っていたら、河原町三条手前で急に動かなくなった。何かあったのかと運転手に尋ねたら、前方でデモをやっているとのこと。全然動きそうになかったのでその場で降ろしてもらった。これも、ブッシュ大統領訪日に合わせた抗議行動らしい。結構外国人の姿が多かった。

まあ表現の自由なので、デモ行動も憲法上許されてしかるべき行動だが、車が全く動けないというのは困ったものだ。…といいつつも、我々もマラソン大会で道路規制をしてもらっており、そのとばっちりを受ける人の気持ちというのが理解できた。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

三春峠マラソン

ハーフを走って1:21:52の6位。以前に出たときは19分台2位で走れていたので、だいぶ力が落ちた(-_-;)。

序盤3位の位置にいて、前には大差をつけられたが、後ろも見えないぐらいリードしていたので、このままキープできれば…と目論んだが甘かった。

登坂区間で一人に抜かれ4位折り返し、下りで一人、やや平坦になってまた一人に抜かれてなすすべなく6位に後退。後半はキロ4分近くかかっていたのでこの結果は当然か。

051113_1どのみち優勝者以外は賞品ないので、お楽しみ抽選会に賭けてみるか。

…というわけで抽選会に臨んだが、前回同様何にも当たらず(>_<)。優勝して賞品もらっている某最強チームのお二人は抽選にも当たっていたなぁ。いいなぁ(+_+)。

051113_2で、失意のまま帰路につくところだったが、今回は風呂のタダ券が付いていたので、ありがたく使わせてもらった。国道9号線を三和町役場からさらに福知山市寄りに向かったところにある三和荘のお風呂「香明の湯」。最近リニューアルオープンしたばかりらしく、やたらきれいだ。入浴のみ450円で、サウナ付き、シャンプー・石鹸も備え付けなので利用してみる価値はありそうだ。…とタダ風呂の御礼に宣伝しておこう(^^;。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

またしてもアルカイダ

ヨルダンの首都アンマンで先日起きた同時自爆テロ、犯人はまたしてもアルカイダの一味のようだ。

以前ロンドンのテロの際にも書いたが、既に彼らの行為は、アフガンやイラクなど踏みにじられたイスラムの地を回復するためという大義名分を失ってしまっている。今回も犠牲者の大部分が同胞であるはずの地元ヨルダン人。イスラム原理主義者の中ですら、こうした行動に疑問を覚える者が出てきてもおかしくはないだろう。

9.11の米国同時多発テロに際して思ったとおり、アルカイダは「憎き侵略者・米国を追い払う正義の味方」ではなく、単に世の行く末に絶望し、腹立ち紛れに無関係の市民を巻き込んで自殺するだけの「その存在自体が自爆テロのような厄介者」であることをますます明らかにしつつある。

問題なのは、喜び勇んでこうした自爆テロに身を捧げる人々が数多くいるということだ。一番の原因は貧困。貧しい暮らし、生きていても何の喜びもない。そんな将来に絶望した人々にとって、アルカイダの囁きは甘く感じてしまうのだろう。

貧困を撲滅すれば、かなりの自爆テロは防げるに違いない。なぜなら、米国の侵入を快く思わず、影でこっそりアルカイダに資金供与しているアラブの富豪はいるかも知れないが、彼らは決して自ら爆弾を抱えて突入はしないからだ。アルカイダ幹部も同様。敵は宗教の対立でも文明の対立でもなく、ひとえに貧困に端を発する「絶望」である。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

立入禁止

定例の御所伴走の日だったが、入り口に看板が掲げられていた。見ると11月14日から16日までの間、一般利用者の立ち入りを禁止するということであった。いよいよブッシュ米大統領が来週来るので警備上の都合なのだろう。それにしても、一体何しに来るのやら。へんにとばっちりを食わないことを祈るばかりである。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

決戦シューズ

051108福岡国際マラソンまであと1ヶ月ほどとなり、レース用シューズを新調した。asicsソーティーJAPANだ。ソーティーシリーズはこれで3足目。非常に軽くて薄くて高性能だが、いかんせん長持ちしない。1足目のときは2年間引っ張ってしまったのが、2003年秋の肉離れの遠因という説もある。やはり1年間が限界だろう。

さて問題はこのシューズに見合うだけの走力が戻っているかどうかだが…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

自動車保険

そろそろ自動車保険の満期日が近づいてきたということで、保険会社から次年度分の継続案内が届いた。

まあ幸いなことに保険のお世話になったことはないが、だからといって入らないわけにも行かない。昨年同様のプランで行けば、対人賠償無制限、自損事故1500万円、無保険車傷害2億円、対物賠償1000万円、搭乗者傷害1000万円で、占めて早割価格44200円也。家族限定に30歳未満不担保、それにノンフリート等級は20等級と、かなり割り引かれているとは思うが、他でもこんなもんなんだろうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

栄枯盛衰

昼にラーメンでも食べに行こうと、国道沿いの店の前に行ったら、店がつぶれていた。1年前には普通にやっていた記憶があるのだが。

この例に限らず、ここ数年で近くの不動産の状況が大きく変化してきている。スポーツクラブの施設は解体されマンションになり、ゴルフ練習場や工場の跡地がスーパーマーケットに変わり、和食レストランもこの前つぶれたなと思ったらとうとう先日壊されてしまった。他にも、建物自体は変わらないけれどスーパーの名前が変わっていたり、飲食店の名前も変わっていたりと、栄枯盛衰世の習いとはいえ、何だか違う町に変わってしまうような気がする。

というわけで、最近は気が付いたときは携帯カメラで風景を撮って、それが建て変わってしまった何年も後に、ここって昔何だったっけ、というときの資料にならないかと思っている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

雲ヶ畑

この週末のうち、日曜日は天気が悪そうだったので土曜日の今日のうちに走っておくことにした。

四条河原町をスタートして鴨川河川敷を遡り、オプションで下鴨神社特別公開している本殿を見学。再び河川敷に戻りおこしやすマラソンでも使うコースをさらに遡上。上賀茂の辺りからは河川敷がなくなるので、並行する車道を進む。ここは鯖街道の終盤に通る部分と同じだ。道が山中にはいると、途中でまたしても東海自然歩道が合流してきた。どこを走ってもこの道は絡んでくるようだ。雲ヶ畑にて折り返し。ちなみに、ポンポン山や愛宕山に比べればこのコースは斜度が緩やかで走りやすい。他にもランナーや自転車を幾度か見かけた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

DVDに苦戦

職場でとあるイベントをやっていて、そこで流しっぱなしにしている10分間ほどのDVDの映像があるのだが、実は別々のタイトルが2枚あって、時々交換するのが面倒で人手が足りないので、2枚をまとめて一つにできないか、という依頼を受けた。最初は中に入っているファイルをそのまま書き足そうとしていたので、それは違うだろ、と見とがめて手伝うハメになってしまった。

完成品として仕上がってしまったDVDの中には、通常見慣れた拡張子(mpgやwmvなど)の動画ファイルは入っていない。ファイルの大きさからして、….VOBとなっているファイルがおそらく動画のご本尊だろうと判断し、これをHDDに写して拡張子をmpgに変えてやる。そうするとメディアプレーヤーなどでも直接開ける動画ファイルになる。

2枚のディスクからそれぞれ動画ファイルを取りだし、動画編集ソフトで2つをつなぎ合わせる。ところがここでまた一苦労。一方は映像と音声ともども取り出せたのだが、もう一方は映像部分だけでなぜか音声が取り出せなかったのだ。そこで元のDVDを再生させながら音声出力信号をwavファイルに落とすという力業で、何とか音声データを吸い出し、それらをつなぎ合わせた。

これを一つの動画データとして再度エンコード出力させるのだが、またえらい時間がかかる。そして出来上がってみると、なぜかまた映像と音声が別々のファイルになっている(--;。そこで今度はDVDライティングソフトを用いて、映像ファイルに音声ファイルをアフレコの形で付け加えてやり、それをDVD-Rに焼き上げてようやく1枚にまとめることに成功した。PCの性能が上がって扱いやすくなったとはいえ、まだまだ動画を編集するのは大変だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

丹波高原ロードレース

久々に車を運転して丹波高原ロードレースの会場、丹波自然運動公園へ向かう。会場の自治体「京丹波町」は、ほんの1ヶ月前に丹波町、瑞穂町、和知町が合併してできたものだ。

で、今回は選手ではなくNさんの伴走として30kmを走る。目標は2時間15分。順調にキロ4:30を切るラップを刻み続けたが、23km過ぎたあたりから急激に失速、残念ながら2時間19分近くかかってしまった。こちらは、これも伴走の福知山マラソンに向けて「一人で二人分給水ゲット」を試行をしたが、走りながらでは非常に難しかった。

お土産に黒豆の枝豆でも買って帰ろうと思ったら、1束500円だが3束なら1000円と言われて、思わず3束買ってしまった。こんな大量の黒豆どうすんのよ(--;。帰りも、2時半ぐらいに会場を出て4時前には家に着いてしまい、意外と近い丹波だった。

一つ気になったのは、参加者の数が今までより少ないような気がすること。前は体育館が足の踏み場もないぐらいシートが敷き詰められていたが、今日は結構空いていた。
…というわけで車で飲めなかったのでこれから改めて飲みに高槻へ行く。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

いぬいぬ

051102毎朝いつもの通勤の道すがら、玄関先から鼻を突きだしている犬がいる。べったり座り込んで、じーっと外を眺めている。一体何を考えているのやら、いないのやら。目を合わせると、何なんだよという面もちでこちらを見ていた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ミニコンサート

051101今日は職場にドイツ人ブラスバンドの一行がやってきた。中庭でミニコンサートを開催。

何でも、2005及び2006年は「日本におけるドイツ」の年なんだとか。それでブラスバンドというつながりはよくわからないが、来年はサッカーワールドカップも開催されることだし、注目が集まるのは間違いない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年10月 | トップページ | 2005年12月 »