« めっちゃええトレイル | トップページ | 健康のありがたみ »

郵政解散

この話題はあえて避けてきたのだが…

本日、参議院において郵政民営化法案が否決され、(なぜか)衆議院が解散、総選挙となった。

基本的に、官が何でもかんでも事業をすべきものではなく、民でできることはどんどん民でやらせるべきだ、という議論に私は賛成する。ただし、そのやり方は非常に難しい。単に民営化すれば全てうまく行くという保証はなく、現に諸外国で郵便事業を民営化したもののうまく行ったとは言い難い事例もある。今回の郵政民営化法案がその辺をよくよく検討し尽くしたものであったかどうかは、かなり疑問だ。

しかし、一方で、この法案に反対し続けた与党内反対派や野党の反論に、傾聴すべきものがあったとは言い難い。結局のところ民営化されると路頭に迷う特定郵便局長や郵政職員という特定のセクトを支持基盤としている以上反対せざるを得なかったから反対したと見られても仕方がない。

また、自民党は自民党で、郵政民営化をするとずっと掲げ続けていた小泉首相を党首として仰ぎながら、また公約として選挙を戦いながら、法案に反対するというのは変な話だ。それなら党を出ればいいのにそうはしなかった。逆に、小泉首相も、郵政以外にも重要な課題はたくさんあるにもかかわらず、あまりに郵政にこだわり過ぎて他の課題についての議論を停滞させ、政局に混乱を招いた。

つまり、今回の解散劇にあたって、この人が正しい、と言う人は誰もいないし、郵政民営化はこうすればうまく行く、という正解は誰にもわからない。だからコメントのしようがなく今まで避けてきた。

だが、実際、賽は投げられてしまった。有権者たる国民は自分なりに考えて何らかの答えを出さねばならない。ただ一つ言うことがあるとすれば、今までのように、自らが属するセクトの利益のみを考えた行動、あるいは考えることすら出来ずに棄権、というのはそろそろ卒業したらどうかということだ。そもそもこんな状況になってしまったのも、そうした行動の積み重ねによる合成の誤謬なのではないか。

|

« めっちゃええトレイル | トップページ | 健康のありがたみ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 郵政解散:

« めっちゃええトレイル | トップページ | 健康のありがたみ »