« 2005年6月 | トップページ | 2005年8月 »

一人妙見、ならず

今日は久しぶりに妙見山往復コースを走ろうとしたが、どうも調子が悪い。往路半ばにして既にバテている感じで、これは完走も危ういと見て途中の余野で折り返すつもりに予定変更。

ところが余野へ着く前あたりから大雨に捕まり、たまらずスーパーだいやすで雨宿り。この不調でこの雨の中帰り着けるかどうか不安だったので、初めて余野から泉原まで阪急バスでワープ。運賃は400円だった。結構高いな。まあランニングコースにして7km相当だからこんなものか。

しかしこの有様では北海道マラソンが思いやられる。いくらなんでもこれは腑抜けすぎ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

また当たった

また@ニフティから封筒が届いているので何かと思って開けてみると、ギフト券が入っていた!。

先日の電波時計と同じチャット利用のキャンペーンが当たったのだと。ひょっとしてこのキャンペーンは、応募者少数で草刈り場、ウハウハ状態だったのだろうか?!

それはいいとしても、こんなところで幸運を使い果たしてもいいのか、という心配もある(^^;)。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

電波時計あたり〜

050728@ニフティから小包が届いていて、何かと思って開けてみると、小型置き時計型の電波時計だった。以前フォーラムのチャット利用促進キャンペーンに応募したヤツが当たったようだ\(^o^)/。

で、電池をいれてしばらくしても、いっこうに正しい時刻にならない。どうやら電波が弱いみたいだ。窓際に1時間ほど放置していたらいつの間にか正確な時間になっていた。

携帯につけ、電波時計につけとかく自分の部屋は電波が弱いらしい(--;。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スペースシャトル

2003年2月の空中分解事故以来だから実に2年半ぶりの打ち上げになる。自分が自己ベスト更新できなかった期間より長かったのだなぁ(^^;)。

ひとまず打ち上げ成功は何よりだが、今度は無事に着陸するのが最大のミッションだ。Good Luck!

| | コメント (0) | トラックバック (1)

愛・地球博

さんざんコケにしていたこの万博に来ることになろうとは(^^;)。

大学時代の友人数名と久々に会うついでに寄ることになったのだ。

しかし、入場するだけで持ち物検査の列、マンモスだけ見るショートカットコースでも30分待ちとは、先が思いやられる(-_-;)。

050725_1

050725_2
結局、行列を避けてショボい外国館巡りとなってしまった(^^;。中には結構気合いの入った国もあるかと思えば、一方では土産物売りに来ただけかい、とか、時間や予算が無くなったのか手書きのチャチな看板が貼ってあるような国もあったりと、それはそれでツッコミどころ満載ではあった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「終戦のローレライ」読了

だいぶ以前に映画版の「ローレライ」を観ていたのだが、原作と比べストーリーがだいぶ違うし、人物描写のディテールが足りないようなので、これは原作を読むべきだろうと思っていたところ、今頃になってようやく小説版「終戦のローレライ」を読む機会を得て読了した。

まあそれにしても文庫版にして4巻にもおよぶ長編、そりゃあ映画では相当の登場人物やストーリーの省略もやむを得ないなと思った。出てくる人物が一人一人十分すぎる程の(それも重い)背景を持ち、潜水艦内の描写もリアルで、超長編にもかかわらず一気に読めてしまった。時代は敗戦間際の日本になっているが、それは仮借に過ぎず、実際は現在の日本に対して、物事の判断・行く末に対する責任はどうなっているのかを問うているような気がする。

難しく考えずとも、「トンデモSF」としても十分楽しめる作品。「宇宙戦艦ヤマト」「エヴァンゲリオン」あたりが好きな筋はハマること請け合い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

久々の蟻ぎりす

自分の所属チームではなかったが舞洲の打ち上げがあるとのことで、久々に「ランナーの吹き溜まり」蟻ぎりすを訪れた。

しこたま飲んで午前様確定状態(^^;)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

学園前〜

けいはんなに用事があって出張したのだが、帰りのバスを祝園行きと間違って学園前行きに乗ってしまった(-_-;)。
というわけで、生駒・鶴橋経由の間抜けなルートで移動中。
まぁ快速急行はゆるゆるの停車駅だからまだいいけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

暑サニモ負ケテ

今夜はうちのエアコン稼働中。梅雨明け前は夜になると意外としのげていた日も多かったのだが、さすがに夏本番ともなると、耐え難きは耐えられない(^^;。

できるだけエネルギーの消費を抑えたいとは思うが、うちのエアコンはもう10年以上使っており結構古い。これを最新の物にすればかなり性能が良くなっているらしいのだが、いかんせん壊れたわけではないのでずっと使い続けている。もったいないと思ってしたことが裏目でなければよいのだが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

舞洲24時間リレーマラソン

もう既に昨日一昨日の話となってしまったが、24時間リレーマラソンin舞洲に2年ぶりで参加してきた。

優勝を目指してしゃかりきに走っていたのは今や昔。のんびりと食事とビールと会話を楽しんでいるうちに24時間はあっと言う間に過ぎてしまった。今やどうでもよくなったことだが、順位は225チーム中ピッタリ100位だった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

宵々山

人が多いとわかっていても来てしまうんだな、これが。
今年は曜日の巡り合わせで特に人出が多そう。pic_0151.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

続・POPFileその後

POPFileその後へトラックバック)

これまで英語のスパム判定分をゴミ箱直行としていたが、今度からはいよいよ日本語のスパム判定メールもゴミ箱直行という設定にしてみた。これまでの成績からして、まともな日本語メールをスパムと判定する「事故」はほぼ発生しないと評価できるに至ったからだ。ちなみに最近の正解率は99.75%

おかげでメール分類作業が不要になった。ようやく当初の目的達成だ。
ただ、ちょっと残念なのは、スパムと判定されたメールの中にもたまには笑わせてくれるヤツもあって、それが見られなくなってしまうことだ。「人妻サークル混浴大会のお知らせ」とかは傑作やね(^Q^)。

というわけで、今後は日本語のメールでも中身によってはゴミ箱直行となってしまうので、私あてのメールには誤判定の元となる単語類は入れないよう、くれぐれもご注意願います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

生駒縦走・北路

星のブランコ
昨日のこととなったが、FRUN関係のイベントで生駒から私市まで生駒山地を縦走するマラニックに参加してきた。

生駒のランニングコースは、自分のページでは生駒山麓の「ふれあいセンター」から南方向に行くルートしか紹介しておらず、北行きのルートは存在としては知っていたが、実際に走るのも初めてのことだった。

中でも楽しみにしていたのは、「星のブランコ」と呼ばれているこの吊り橋。思ったより高いところに架かっていて、確かに高所恐怖症の人だとちょっとびびるかも。

雨が時折降るあいにくの天気で景色はいまいちだったが、生駒北方にもいろいろ面白いコースがあるのだとわかって、いい経験になった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アルカイダの意図は奈辺にありや

サミット開催の裏を掻いたロンドンでの同時多発テロ。五輪開催決定の歓喜から一転、恐怖のどん底に落とされて、まさに天国から地獄の思いだろう。まだ犯人が誰かは明らかになっていないが、アルカイダ、あるいはそれに近い勢力の犯行と見るのが妥当と思われる。

それにしても、だ。2001年の米国同時多発テロでも言ったことだが、こうしたテロ行為により、アフガンやイラクなどに平和が取り戻せると、アルカイダやそのシンパは本気で思っているだろうか。こうしたテロ行為の繰り返しが、ますます国際世論の同情を遠ざけ、それなら米英に平定される方がまだまし、という論調を助長しかねない。

やはり、米英とその取り巻きの「十字軍」に占領されたイスラムの地を取り戻すということよりも、混乱と恐怖が渦巻く不安定な状態が続くことが真の狙いであろう。そうした不安定な状態にあるからこそ、彼らの存在し得る隙間があるのであり、誰が取り仕切るのかはさておき、平和で安定した秩序が出来てしまえば、彼らの居場所は無くなってしまうのである。

もっとも、確かに最初は大義名分はあったのかもしれないが、圧倒的少数勢力の哀しさ、過激な行動に走ることで大多数の平穏を望む人々の支持を失い、数を減らしながらもわずかに残る熱狂的な支持者が行動をますます先鋭化させることの繰り返し。かつて日本にもあった赤軍派等の末路にも似たような部分はなかったか。

ただ、困ったことにこうした混乱を招いたそもそもの原因が、中東から圧制を排し和平をもたらすという大義名分を掲げながら、その実は利権を狙う発想に基づくイラク戦争を起こした米英側にあるというのもまた皮肉な話だ。このあたりの評価は、後の歴史の教科書ではどのように書かれるのであろうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

とんぼ

今日はなぜかやたらとんぼの姿が目に付いた。職場の窓から外を見ると、とんぼがずいぶん飛んでいる。また、御所を走っていても何匹ものとんぼが横切る。

大きさ・色からしてアキアカネ(いわゆる赤トンボ)だろう。夏のうちは高い山へいて、秋になると里へ下りてくると聞いたことがあるから、ちょうど羽化してこれから山へ向かうところだったのだろうか。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

情熱は抜けません

今日は出張があり、昼も外食となった。で、結構有名らしいラーメン店に入った。

050705_1
この店では、ラーメンの中身を選択できるようになっていた。
そこで私はワンタン麺で、
麺:堅め
スープ濃さ:ふつう
背脂:多め
唐辛子:入り
ネギ:多め
チャーシュー:ふつう
を選択。出てきたラーメンがご覧の通り。…っつーか、ネギ多すぎ(^^;。

050705_2
で、その選択肢の説明文の一番下に書いてあったのが、「情熱:抜けません」。ベタやなあ、と思いながらも、ラーメンをすすってみて、なるほど情熱のこめられたうまいラーメンだと思った。…ちょっとカロリー多かったかもしれないが(汗)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Deep Impact

NASAの彗星探査機「ディープインパクト」が、テンペル第1彗星にプローブをブチ込むミッションに成功というニュースが流れている。

スペースシャトル「コロンビア」の事故以来、火の消えたような寂しさの宇宙関係界に、久々に明るい話題だ。飛び散った物質に何が含まれているのか、今後の解析結果にも注目だ。ひょっとして生命の起源が垣間見られるかもしれない。

それにしても、作戦決行日を米独立記念日の7/4に行うというのは、国威発揚のためとはいえ、悲しい性だ。科学的に見て最適な日時というより、政治的な意味が優先されているに違いない。国家主導での宇宙開発はもうそろそろ終わりにした方がいいのかも。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

阿星山・竜王山LSD

今日はA☆さん主催の阿星山・竜王山LSDに参加。草津駅からこんぜの里、阿星山などを周遊約45km。
雨模様の天気だったが、かえってこの方が走りやすかった。
しかし、サロマから1週間、マメや筋肉痛はほぼ癒えているとはいえ、けっこう堪えたっす(>_<)。

(1/31,000歩「阿星山竜王山・梅雨バージョン」へTrackBack)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

サロマ詳報

サロマ湖100kmウルトラマラソンの結果がRunnetに載っているという話を聞いたので早速チェック。

途中経過はGT-Mailsのとおり。
     SPLIT  LAP
10km  0:42:26 42:26
20km  1:25:23 42:57
30km  2:08:55 43:32
40km  2:54:29 45:34
50km  3:41:42 47:13
60km  4:31:08 49:26
70km  5:22:04 50:56
80km  6:13:39 51:35
90km  7:05:45 52:06
100km  7:57:12 51:27

登記・登録の部100km男子 11位(200人中)
もし未登録で出てたら年代別優勝だったよ〜惜しいことをした(^^;。

saroma_goal

サロマ速報へTrackBack)

| | コメント (2) | トラックバック (1)

« 2005年6月 | トップページ | 2005年8月 »