« 2005年2月 | トップページ | 2005年4月 »

どうしたTeaCup

どうも最近TeaCupの無料掲示板がおかしい。
大規模システム改修を行っているようだが、当初の予定より延びているようだし、メンテナンス中あるいはトラブル発生といった表示がないにもかかわらず、自分のをはじめ他の知り合いの掲示板も軒並みアクセスできないことがやたら多い。

一体何をやっているのかよくわからんが、あんまり不具合が続くようだと、他の掲示板に変えられてしまうぞ。そのへんわかっているのだろうか、TeaCupは。まあもちろん苦情メールの嵐に見舞われているだろうことは確かだ。

#と、他人事のように言えた立場でもないが(汗)

と、このネタをTeaCupに書きたくてもサーバ混雑なのか書き込めないのでこちらに記す。そういえばこのココログも一時期レスポンスが遅すぎてやってられるか状態だったことがあったが、今は割合スムーズのようだ。

| | コメント (1) | トラックバック (1)

席替え

いよいよ明日から4月。人事異動のシーズンだが、今回自分に異動はない。
ただ、部屋の模様替えはあって、朝から作業で普段から雑然とした部屋がさらにひっくり返ったような状態だ。自分の席の場所も変わることになる。

思えば就職以来丸9年経過、子供なら小学校に入学してから中学校を卒業するまでの時間が経過したのだが、それでもそんなに長い時間が経ったという気がしない。やはり歳を取るほど1年が速く短く感じるのだろうか。やれやれ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

薄氷の勝利2

サッカーW杯アジア最終予選、日本−バーレーン戦は1−0の辛勝。
圧倒的優位のホームで1点だけかい。それもオウンゴールかい…(--;。

まあそれでも勝ち点3は3。2位までに入れればいいのだから、イランに1位を譲ってでも残りの2カ国を確実に沈めればドイツには行ける。それにしてもこの内容ではアウェーのバーレーン再戦厳しいぞ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ライブドアvsフジテレビ第3幕

このネタを書くたびに形勢が二転三転しているような気がする。

今度はついにソフトバンクが出てきて「ホワイトナイト(白い騎士)」だとか?!。それにしても、フジテレビはIT企業に乗っ取られまいとして、同じ類のソフトバンク系列に泣きつくというのもまた滑稽な気がする。ホリエモンはあかんけど孫正義ならいいっちゅうことかい。

と、これでふと思い出した話がある。うろ覚えだが、小学校の教科書に載っていた童話。確か「ごちそうを食べた服」というような題名だったと思う。

話の要旨は、ある男が友人からパーティーに招待されたが、みすぼらしい格好で行ったところ全く相手にされず追い返された。そこで立派に着飾って再度訪ねたところ、大変な歓待を受けた。すると、その男は提供されたごちそうを口にせず、自分の服に食べさせた、というようなエピソードだ。つまり、お前が歓迎したのは、私という人間ではなく、この着飾った服ではないか、という皮肉を言ったわけだ。

とまあ、単純に言うと見かけだけで人を判断することの愚かさを示しているようだが、この話それだけで片付けていいものだろうか。ごちそうを服に食べさせた男も、そもそもパーティーに招待されたのだから、それなりの節度を持った身なりで行くのが礼儀でありマナーというものではないかということだ。

具体的に誰が何にあたるかという解説は野暮なので、これ以上言うのはやめておこう。

| | コメント (3) | トラックバック (1)

ウォシュレット

帰宅したら家のトイレがいつの間にかウォシュレット付きになっていてびっくり。
あの類の設備は、てっきり新築の家にしかないものと思っていたが、既存のトイレに外付けとかもできるのねぇ。
ただし、今までの生活で出くわしても、ほとんど使ったことはないのだが(^^;。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

PiTaPaデビュー

今日は久々に箕面発着の妙見山を走ってきた。

それはさておき、申し込んでいたPiTaPaが昨日届いたので晴れのデビュー。まずは箕面-石橋150円也。

050326

| | コメント (1) | トラックバック (2)

POPFile

最近のメールの8割近くを占めるスパムメール(--;。対策を本格的に行おうと思い立ち、うわさに聞いた「POPFile」を試しに導入してみた。

何でも、ベイズ理論に基づいてスパムとそうでないものを振り分けて行くそうで、逆に言うとある程度実績を積まないと予測ができないので、最初は慣らし運転が必要なのだ。

まだ使って間もないので正解率は60%ぐらいだが、これはスパム、これはそうでない、と繰り返し教えていくことで覚えてくれると言うのが、何かの育成ゲームのようで面白いかも。今まではスパムが来ても鬱陶しいだけだったが、今ではスパムが来ればPOPFileを鍛えることができるので、何だかうれしく感じてしまう。これが最大の効用かも知れない(^^;。タスクトレイにいるタコのアイコンに、賢くなれよと言い聞かせている。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

因幡の白兎

スーパーはくと、帰りの車内メロディーは行きと異なっていた。どこかで聞いたことがあるのだが…とすっきりしなかったので、調べてみると、童謡「大黒様」の一節だった。

さらに、この話自体もどこかで聞いたことがあるなあ、と思ったら、「因幡の白兎」のワンシーンだったのだ。おぼろげな記憶がつながってすっきり(^-^)。そういえば鳥取に白兎海岸という地名があったなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日本海マラソン

050320

速報値2:45:43で26位。
中間点で正確に測れなかったので推定ではあるが、ネガティブラップ(前半より後半のタイムの方が速い)を達成(^^)v。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鳥取〜

050319_1お約束通りスーパーはくとに乗って鳥取へ。
いつもガラガラに見えるから自由席で十分と思ったら案外混んでいて新大阪からでギリギリ座れた。

050319_2先頭のパノラマ車両が喫煙車というふざけた設定なので、やむなく2号車に。すると車内にモニターがあって、航空機の離着陸時のように運転席からの風景を延々映していた(^-^)。

車内のメロディーは「ふるさと」。さすが白兎だけのことはある(^^;)。
それにしても昼下がりの鳥取はぽかぽかでいい天気だ(^-^)

| | コメント (1) | トラックバック (1)

ライブドアVSフジテレビ第2幕

以前この関係の意見を書いたときは、ライブドア劣勢という見込みだったが、いつの間にか形勢逆転して、ニッポン放送落城、フジテレビが必死の防戦という展開になってきた。

前はホリエモンは木曽義仲と言ったが、ひょっとして織田信長に化けるかもしれない。
ただ、氏の言動を見ていても、今のところはただ単に法の隙間を突いて、武力(カネ)にモノを言わせて突き進んでいるだけで、「楽市楽座」「天下布武」といった新たなビジョンは見えてこない。これではたとえ天下を取ったとしても三日で終わってしまうだろう。賢いだけ、強いだけでは人心は掌握できない。

それにしても、企業乗っ取りを巡っては「毒薬」やら「サメ除け」「黄金株」「焦土戦術」など面白い用語がたくさんあるものだ。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

着物袴

今日は朝も帰りも街中で着物姿の若い女性を見かけた。卒業式シーズンということか。
もう3月も折り返し。早いものだ。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

京都シティハーフ

1時間17分16秒。
あわよくば自己ベスト更新もと期待していたのだが、キロ3:30ペースが10kmすら持たないようではお話にならない。
特に体調不良ということはなかったが、前の晩に酒飲むのはいかんということだ。
…それって素行不良じゃん(^^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

駅伝大会

今日は職場の駅伝大会があった。一応私はエース扱いしていただいて花の一区に参戦。
3年前に出たときは区間賞を取れたのだが今回はダメだった。わずか3.6kmでキロ3:20が持たないようではアカン。
でもその後のチームメイトが盛り返して何と優勝してしまった。ありがたや。
それにしても時雨もようで時折みぞれも降る寒い天気だった(*_*)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

のれん

050309
最近電車の中吊り広告で、某大手飲料水メーカーのお茶のものがある。
これ、何と布状のもので出来ていて、ほんとにミニのれんという雰囲気を醸し出している。
いやあ、これ考えついた人はエライわ。これ、売りに出してもきっと売れるに違いない。そのアイデアに敬意を表して、今度1本買うことにしよう。
というか、盗むヤツがいるんじゃないかとちょっと心配。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

手袋いらず

珍しく月曜夜のランニングを敢行。

着替え終わって出ていくときに、手袋を忘れた、と思ったけれど、今日は何だか暖かそうだからこのままでいいや、と素手のまま走る。予想通り、手がかじかむこともなかった。

意外と寒い日が続いていたけれど、それでも春はやってくるものなのだなあ。ちなみに明日の予想最高気温は17℃だとか。暖かくなるのはいいのだけれど、花粉が一気に飛びそうだ。まだ自分は発症者ではない(と思っている)けれど、十分気を付けねば。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

事故現場

近所の国道をクロスしている道をパトカーが疾走、それに渋滞の車列がいつになく長い。

いやな予感がして交差点に来てみると、案の定交通事故だった。まだ救急車もいたので、事故からそれほど時間は経ってないようだ。

050305_1

050305_2

車2台の破損状態からしていわゆる右直事故。この交差点は交通量が多いのに右折レーンも右折信号もないから前々からの危険ポイントである。気をつけないと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ATS作動せず

土佐くろしお鉄道・宿毛駅での特急南風激突事故が報道されているが、これもまた不可解な事故だ。

既に繰り返し報じられ解説されているとは思うが、駅手前には一定速度を超えて列車が進入すると自動的にブレーキがかかるATSという装置が付いていた。にもかかわらず、乗客の証言によれば、減速すべきところで加速したということである。機器の故障かあるいは運転士の故意でもなければこのような事故はありえない。

実はATSの場合、(速度超過の)警報が鳴ってから何秒か以内にブレーキをかけた上で解除ボタンを押せば、自動ブレーキはかからない仕組みとなっている。自動ブレーキと言っても、要は非常ブレーキで列車を完全に止めてしまうものだ。ATS動作の度にいちいち止まっていては運行ダイヤがメチャメチャになってしまうので、運転士が「警報はわかった、自分で止めるから非常ブレーキは入れてくれるな」という操作をすれば、完全停止することなく運転は続行できてしまうのだ。

だから今回の事故でも、そもそもATSの警報は鳴ったのかどうか、もしそうだとしたらその後の運転士の操作はどうだったのかを検証しなければならない。しかし運転士は死亡してしまった。原因究明は困難になりそうだ。

それにしても、もしこのような状況に居合わせたとき、乗客として何か出来るかというと、ほとんど術が見あたらない。非常用ドアコックを引いたらブレーキはかかるのだろうか。車掌に知らせて、後部運転席の非常ブレーキを引く、そんな時間もないだろう。結局衝撃に耐える体勢を取るしかなさそうだ。くわばらくわばら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

自転車点灯せず

いつも自宅と駅の行き帰りに乗っている自転車のライトが点かなくなった。玉切れだろうと思って電球を換えたがそれでもダメ。ということは接触不良か、どこかの配線が切れているのか。とにかく、ちょちょいと触った程度で直るような状況ではなさそうだ。

というわけで昨日一昨日は無灯火のまま帰宅。普段ライトを点けるのが当たり前なだけに、すごく怖かった。よく夜でも無灯火のまま走っている自転車を見かけるが、信じられん話だ。

自転車のライトは、(特に街中では)前を照らすことよりも、周囲に自分の存在を知らしめることの方が重要だ。ライトをつけないヤツは、暗くても見えるほど目がいいと余程自信があるのかも知れないが、すまんが私はおまいさんが見えないのだよ。暗闇から突如現れて怖いのだよ。

で、未だ直っていない今晩はどうしたかというと、ずっと以前に夜ラン用のつもりで買ったヘッドランプをくくりつけてやった。ほとんど出番のなかったアイテムだが、こんなところで役に立った。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2005年2月 | トップページ | 2005年4月 »