« 2005年1月 | トップページ | 2005年3月 »

大阪シティハーフ

1時間15分48秒。
スタート直後飛び出さないこと、できるだけキロ3:30を維持すること、ペースが落ちてもキレないことを課題にしてそれぞれ何とか及第点。
それでも自己ベストから1分の遅れ。完全復調まで道半ば。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

経済制裁は必要なし

北朝鮮による拉致問題について、北朝鮮側は、拉致被害者の遺骨はねつ造との鑑定結果は受け容れられない、経済制裁するならすればよい、と開き直りとも言える態度に打って出たようだ。これでますます経済制裁を求める世論の高まりが予想されるが、ここであえて経済制裁は要らないという大胆な説を掲げておこう。

別に北朝鮮をかばうつもりは全くない。しかし、経済制裁をかけることの問題は、今後それ以上の強い手段が取れなくなってしまうことにある。伝家の宝刀は抜くぞ抜くぞと見せかけて抜かないのが最も効果的なのだ。

ではどうすればよいか。方法を3つほど挙げる。
一つ、新潟税関を中心とする日本海側の税関を厳しくチェックすること。日本海側に限ったわけではないが、日本の税関はザル過ぎる。この前豪州から帰ってきたときも事実上ノーチェックだったのにはあきれた。もし麻薬持ってたら一体どうやって見つけるつもりなのか。
一つ、脱税業者を厳しく取り締まること。特にパチンコ業界を中心に。この業界は脱税の温床と言われているので、この際きれいさっぱりして業界の方々には潔白なところを示してもらいましょう。
一つ、新宿歌舞伎町など、麻薬、賭博、売買春等が横行するいわゆるブラックマーケットを徹底的に取り締まること。
これらを行ったところで北朝鮮は何の文句もあるまい。法治国家として、当然の義務を果たしているまでだ。これらの行動により困ったことになるのは、やましいことをしている者達だけ。まあ、一番困るのはヤクザだろうけど(^^;。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

歴史は繰り返す?

ニッポン放送を巡るライブドア社とフジテレビの争いが佳境に差し掛かった感じだが、どうもライブドアの旗色に翳りが見えてきたような気もする。かといってニッポン放送株の乱高下に乗じて一儲けしようなどという気はさらさらないが。(それでは投資ではなく投機(バクチ)になってしまう)

思うに、プロ野球再編の時に颯爽と現れた風雲児「ほりえもん」はとてもかっこよかったし、事実これが起爆剤となってナベツネ・堤退場という見事なまでの快挙(!?)を成し遂げたが、どうも今回の騒動は(結果がどうなろうと)そうしたスカッとした感じがしない。

歴史を振り返ってみても、過去の旧弊を華々しくうち破ったもののそのまま短命で終わったという例は枚挙にいとまがない。源平合戦の木曽義仲、フランス革命のロベスピエール等々(織田信長はちょっとかっこ良すぎなのであえて挙げない(^^;)。本人もその辺は承知の上で突っ走っているのだろうか。だとしたら止めはせん。それはそれで面白い人生ではないか。

それにしても、ほりえもんと自分が同い年というのは何とかしてもらいたいものだ。
#お前の方こそ何とかしろ、というツッコミは承知の上で敢えて言ってみた(爆)

| | コメント (1) | トラックバック (0)

HMD

ヘッド・マウント・ディスプレイ(HMD)を初めて装着する機会を得た。
見た目のイメージは、30cm程前方にホログラフのようにPCの画面が浮かんで見える。その向こう側も透けて見える。まさにマンガの「ドラゴンボール」に出てきた機械が実現化したものだ。
ただ、実際に発売されているといっても、20万円近くするので、シャレで買うにはちょっと厳しい…。でも将来普及していいアイテムだと思った。
050220

| | コメント (0) | トラックバック (0)

もみあげはどうしますか

1ヶ月ぶりぐらいで散髪に行った。今度は1000円散髪でなく、いつもの行きつけの店。

散髪の時に、いつも聞かれる選択肢が、シャンプーはしますか、まゆ毛の下は剃りますか、そしてもみあげはどうしますか、である。前の2つはYesかNoかで答えれば済む話だが、もみあげだけはそうはいかない。もちろん、その後すぐに普通でいいですか、と聞かれるので、そこではいと答えれば特に問題はないのだが、いいえと答えてしまったら、ではどうするのかを自ら述べなければならない。
もみあげ「普通」以外の選択肢に何があるのだろう。昔流行ったという「テクノカット」なら思い当たるが、それ以外に何か面白い答えがあるのなら、知りたいものだ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

国際会館

今日は仕事の関係で京都国際会館を訪ねた。いつも毎朝国際会館行きの地下鉄に乗っているのに、今まで国際会館に行ったことは一度もなかった。

外観は結構古くなってきているコンクリート主体の建物。中は床にすべて絨毯が敷いてあって、老舗のホテルと言った感じだ。ここで幾度となく大きな国際会議とかが開かれてきたのだろう。それにしても、建物内の移動経路がわかりにくい。中途半端なところに階段やエレベータがあって、迷いそう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

英語力のなさを痛感

たまたま仕事で、国際会議に来る海外の人を招待するツアーの設定なんぞをしなけらばならなくなったのだが、案内のホームページやチラシを英語で作るのに四苦八苦。それなりに作って、国際関係担当課に英文チェックを依頼したら、ボロボロに直されて返ってきた。

確かに大学の教養以来英語を1秒も勉強していないから、こんなものなのだろう。必要に駆られなければ勉強などしないものだから、今は必要だなあと思いつつも、きっとほとぼりが冷めたら忘れてしまうに違いない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

さらばmaihara

今日、米原町(まいはらちょう)、山東町、伊吹町が合併して米原市(まいばらし)が誕生。
今まで、米原(まいばら)駅は米原(まいはら)町にあるという鉄っちゃん界では常識のトリビアがあったのだが、これでねじれ現象も消滅してしまった。ちょっと残念。ところが逆に、北陸道には米原(まいはら)JCT、ICがあるのだがこれはどうするのだろうか。新たなねじれ発生。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

市町村対抗駅伝

050213吹田の万博記念競技場にて、大阪府下の市町村対抗駅伝。昨年優勝の我らが高槻市チームは3位。というか優勝の和泉市チーム、自衛隊員ばっかりで強すぎ(^^;。なお自分は二軍チームしか入れないので、その高槻市Bチームはもっと下位だ。自分の記録は3.9kmを13分21秒くらい。やっぱり5000m15分台で走れる人でないとお話にならないようだ。

帰ってからは東京国際マラソンを観戦。高岡がようやく初優勝。勝って当然の期待とプレッシャーの中でその通りの結果を出すというのは大変だわ。

ちなみにこのネタの組み合わせは昨年も同じだった。1年経っても進歩がない(^^;。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

リハビリラン

別大後6日にしてようやく走りに出た。安威川河川敷をゆっくり走ったらキロ5分をオーバーしていた。やっぱり普段よりも遅いのはそれだけダメージが残っていることの現れか。

ちなみに安威川河川敷は昨年の台風でかなり水を被っていたのだが改修はだいぶ進んでいるようだった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

薄氷の勝利

W杯最終予選、日本−北朝鮮戦。久しぶりにサッカーの試合を最後まで見た。

序盤の1点を風呂に入っていて見逃してしまい、このまま日本の得点シーンを見ることもなく終わるのかと思ったロスタイムに、何とか勝ち越しゴール。内容はともかく、結果が得られたのは大きい。

それにしてもこのご時世で場内の雰囲気を心配したが、北朝鮮チームに対するブーイングなどは特に気にならなかったのでひとまず安心。日本のサポーターは大人だ。中国のサポーターも見習えよ>アジア杯。

もう一点、北朝鮮のキーパー、帰国して粛正されないかちょっと心配(^^;。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

ラストフライト

050206
いちびり別大ツアー(いつの間に(^^;)最後の締めはこれだ。
普通ならJALエキスプレスを選択するところだか、ここはあえてIBEXエアラインズ(旧フェアリンク)。
何と言っても使用機材がボンバルディアCRJ(定員50人)と来たからには乗るしかないでしょう。プライベートジェットみたいでなかなか乙。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

ホーバークラフト2

帰りもホーバーで空港に向かう。
行きはガラガラだったので心配したが、この便はたくさん乗っててほぼ満席。
それと乗り心地も行き帰りでずいぶん違う。行きはちょっとした悪路を走るバスという感じだったが、帰りは波が高いとのことでかなり揺れている。気流の悪いところを飛ぶ飛行機ぐらいの感じ。携帯でメール打つのもちょっと大変なぐらい。

それから掲示板にも書いたけど別大の結果は2:36:56と本人が一番びっくりのセカンドベスト。今回レースはおまけのつもりだったのだが(^^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

選手激励の夕べ

050205別府ビーコンプラザにて
関サバ関アジ、キター
このためにも出場資格を死守するのだ(^^;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

高崎山

pic_0132.jpg
サルやサルや
ようけおるわ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ホーバークラフト

pic_0131.jpg
ホーバー初乗り!(^^)v
大分空港にて

| | コメント (1) | トラックバック (0)

くだらぬ習慣斬り

恵方巻ネタが案外ウケているようなのでこの系統の話をもう少し。

クリスマスにケーキを食べる、これも歴史的には何の根拠もない。菓子ケーキ業界が仕組んだものに過ぎない。そもそも、キリスト教徒でもない日本人が何でクリスマスを祝うんだ?ほんとに祝いたいなら少なくとも教会のミサに行くべきだろう。それに、クリスマスだけでなぜイースターやハロウィンは無視するのか。何?あなたは仏教徒?それなら4/8のはなまつり(お釈迦様の誕生日)や12/8の成道会(じょうどうえ=お釈迦様が悟りを開いた日)を祝うべし。
チキンを食べるのはまだいくらかましかもしれない。七面鳥を食べる習慣は確かに欧米でもあるからだ。しかしこれも実はそんなに古い歴史ではない。欧州から米大陸に移った清教徒が七面鳥を食べて祝った習慣が欧州に逆輸入されたものだそうだ。せいぜい17世紀ぐらいからの話。となると、歴史的には平賀源内の土用のウナギ級といえよう。

バレンタインのチョコレート、これも酷い習慣だ。聖バレンタインは3世紀頃に実在のキリスト司祭。当時兵士は結婚することを禁止されていたのだが、この司祭はこっそり式を取り持っていたらしい。で、それがバレて処刑されてしまったのが2/14。というわけで、彼の功績にちなんでこの日に恋人同士でメッセージカードやプレゼントを送る古くからの習慣が確かに欧米にはある。
しかし、チョコレートは何の関係もないし、女性から男性のみと決まっているわけでも何でもない。酷い、と言ったのは、どうがんばってもチョコレートをもらえないような人(私か!(爆))にとっては、この習慣はまさに拷問・リンチに値するということだ。そのことが理解できない人のために言うと、子供を授かろうと頑張っているのになかなかできない夫婦に対して「赤ちゃんはまだ?」と聞くぐらいに失礼で傷つけられるということだ。この主張をあまり声高に言うとモテない者のひがみとして余計に冷笑にさらされるだけなのでずっと黙っていたが、この機会にあえて言わせてもらった(ああすっきりした)。ちなみに今となっては心頭滅却、何とも思わずに過ごせるようになったが(爆)。

続いてひなまつり。人形を飾る習慣は確かにその通り。昔は穢れや災厄を人形に付けて流し去る流しびなだったわけだが、江戸時代あたりから綺麗な人形を並べて飾るようになった。でも、ちらしずしを食べる習慣ってどうよ。歴史的な裏付けは思い浮かばない。それに加えてここでもまたケーキ。何回出てくれば気が済むのか、菓子ケーキ業界。

とまあ言い出せば切りがないので今回はこの辺でやめておくが、気が向いたら夏・秋編でもやることとしよう(^^;。
もし習慣が陰謀で作り出せるのなら、私は選挙の時に必ず投票に行く、という習慣を是非流行らせたいのだが。え?無理か?
#さらにいうと、選挙で投票するという制度自体、歴史の古さでは平賀源内よりも劣る。お粗末。

| | コメント (5) | トラックバック (3)

節分

今日は節分。節分と言っても、本来は春夏秋冬すべての季節の変わり目が節分だったのだが、今では立春の前の日だけが節分と呼ばれているようだ。

我が家ではとうとう豆まきをしなかった。だいぶ前からやらないことが多くなっているが、これは古来から伝わる行事だ。にもかかわらず、太巻きを恵方を向いて食べる「恵方巻」とやらはやるそうで、太巻きならぬ鉄火巻きを一本平らげてしまった。(ヲイ減量中ぢゃなかったのか(^^;)。

ところがこの恵方巻は曲者。伝統的行事でも何でもない。歴史的には何の裏付けもない。寿司屋、海苔屋、そして最近ではコンビニ業界の陰謀で流行らせようとしている習慣だ。レベル的には、クリスマスのケーキ、バレンタインのチョコレートに匹敵するものとして理解するのがいいだろう。そうとわかったうえであえて悪乗りして引っかかってやるのなら止めはしないが、これを伝統行事だと勘違いするようでは日本人して恥ずかしい。

そうでなくても、最近は伝統的行事をないがしろにしながら、商業的陰謀に基づく習慣にばかり乗せられる傾向が強くて嘆かわしい。正月に鏡餅・注連飾りを飾ったか。七草粥は食べたか。ひなまつり、端午の節句はかろうじて生き残っているようだが、七夕に笹を飾り手芸上達を祈るか。仲秋の名月に団子を供えるか。重陽に菊を供えるか(…さすがにこれはちょっとマニアックか)。

まあ、そうは言っても何事にも始まりはあるわけで、「土用の丑の日のうなぎ」だって本来は江戸時代に平賀源内が思いついた商業的キャッチコピーに過ぎないが、既に今では伝統の部類に入りつつある。節分の豆まきも平安時代頃の追儺式などが起源だそうだが、当時の宮中の人は「くだらねえ習慣だ、豆屋の陰謀だ」と思いながら豆をまいていたのだろうか。

| | コメント (6) | トラックバック (1)

大寒波到来

今朝窓の外を見てびっくり。雪が積もっているではないか。

それでもアイスバーンになっているわけではないので大丈夫だろうと、自転車で駅まで強行。いつもよりゆっくり目に行ったので、ごくわずかのスリップ1回のみで無事到着。それにしても手先が冷えて辛かった。

で、今日はいつもと違い研修があるので大阪に直行。雪の影響で特に米原方面から来る快速・新快速のダイヤがかなり乱れているようだった。ところが駅を降りると雪一つ積もっていない。傘を持っているのは自分一人だけ。わずか10数キロしか離れていないが、ずいぶん気候が違うものだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年1月 | トップページ | 2005年3月 »