« ちょっとしたアクセシビリティ | トップページ | 新たなコースレパートリー »

模倣犯

奈良県で女児が誘拐・殺害された事件は未だに解決していないようだが、事件発覚後、気のせいかその手の事件(未遂を含む)が急に増えたように思える。

もともとそのような話はいくらでもあるが採り上げられなくて気が付かなかったのが、事件後にやたら採り上げるようになったので目立つだけなのか、報道されることでそうした「犯行予備軍」が誘発されて模倣事件が増えているのかいずれかは不明だが、気味の悪いことには違いない。

それにしても、こうした犯行に及ぶ犯罪者の頭の中身は一体どうなっているのだろう。どこをどういう風に育つとそのような人間になってしまうのだろう。もちろん地域ぐるみで子供を守ることは大切だが、そうした犯行に及ぶような人間を作り出さないため、もっと根本的に悪の生産を元から絶つようなアプローチも必要だと思う。

|

« ちょっとしたアクセシビリティ | トップページ | 新たなコースレパートリー »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 模倣犯:

« ちょっとしたアクセシビリティ | トップページ | 新たなコースレパートリー »